FORCEPSフォーミュラの意味とは?悪用厳禁の証拠の使い方

●悪用厳禁!証拠の使い方


今回の講義では、「FORCEPSフォーミュラ」を解説します。


FORCEPSフォーミュラは、証拠の書き方の方程式です。


証拠が書き足りないと、お客様に信じて頂けませんので、
ぜひ、ご覧ください。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ




●証拠がない、とは?


LJIZlzHgQ7WPSh5KVTCB_Typewriter

コピーに「証拠がない」とは、
商品・サービスの良さの証拠が、書かれていないことです。


つまり、「すごそうだけど、本当なの?」
と、思われてしまうのです。


前回の講義で解説した、
「理由がない」とはまた意味が違います。


「理由がない」は
なんで私が、これを買わなきゃいけないの?
という状態です。


「証拠がない」は
本当にこれ、効き目あるの?」という状態です。




●証拠がない時の対処法は?


さて、証拠がない時は、
様々な角度から、証拠を書いていくしかありません。


FORCEPSフォーミュラを参考にして、
証拠を書いていきましょう。




●FORCEPSフォーミュラとは?


FORCEPSフォーミュラとは、
証拠の見せ方を7つに分類した公式です。

・1.F・・・Factual Proof(事実証明)
・2.O・・・Optical Proof (視覚証明)
・3.R・・・Reverse Proof (転換証明)
・4.C・・・Credentializing Proof (信認証明)
・5.E・・・Evidential Proof(証拠証明)
・6.P・・・Perceptual Proof(知覚証明)
・7.S・・・Social Proof (社交証明)



の、「F・O・R・C・E・P・S」の英単語の
頭文字を取ったものです。


これは、とても覚えにくいので、
暗記する必要はありません。


ただ、これを広告文に書いていくと、
確実に成約率が上がります。


順番に解説していきますね。




●1. Factual Proof(事実証明)


「Factual Proof(事実証明)」とは、
事実を、客観的なデータとして見せることです。


・統計情報
・テスト結果を見せる
・擬似事実


などを使います。


例えば、

・例:「100人中82.3%の方が痩せました」
・例:「赤ちゃんが飲むミルクと同じ成分を
   使っていますから、安心です」

などです。




●2. Optical Proof (視覚証明)


「Optical Proof (視覚証明)」とは、
わかりやすく目に見える形にすることです。


・保存した画像
・グラフ
・撮影した写真

などを使います。


例えば、

・例:「実際の報酬のキャプチャ画像です」
2014-06-16

・例:「当時の写真です」
tokusoku1

のように見せます。

ちなみに、この画像は本当に僕の証拠画像です。




●3. Reverse Proof (転換証明)



「Reverse Proof (転換証明)」とは、
ようするに、比較することです。


・他社の商品と比べる
・自社の昔の商品と比べる
・別のジャンルのものと比べる


などです。


例えば、

・例:「他社の3倍の防臭効果です」
・例:「レタス10個分の食物繊維」

などのように使います。




●4.Credentializing Proof (信認証明)


「Credentializing Proof (信認証明)」とは、
権威のある人に、認められていると書くことです。


・専門家による推薦の言葉
・有名人による推薦の言葉


などです。



例えば、

・例:「東大の教授とお笑い芸人から
   推薦文をいただきました~」

といった広告を、あなたも見たことがあるでしょう。




●5. Evidential Proof(証拠証明)


Evidential Proof(証拠証明)とは、
証拠自体を証明することです。

・実験の過程を見せる
・デモンストレーション


などを使います。


例えば、

・例:「では実際に、キャベツを切ってみます」
・例:「実験はこのように行いました」

のようにして、証拠の疑いの余地をなくします。




●6.Perceptual Proof(知覚証明)


「Perceptual Proof(知覚証明)」とは、
感情に訴えかける証拠を書くことです。

・たとえ話
・物語仕立てにする


などが有効ですね。


例えば、

・例:「200倍も速さが違いますから、
   飛行機と人間が競争するようなものです」
・例:「ある田舎に2人の男がいました…」

のように書きます。




●7. Social Proof (社交証明)


Social Proof (社交証明)とは、
社会的に証明されていることを書くことです。

・売れた数
・リピーターの数
・大量のお客様の声
・動画や写真


などを使います。


・例:「1万本売れました!」
・例:「感謝の声を頂きました!(写真)」

のように書きましょう。




●FORCEPSを簡単に言うと


さて、FORCEPSは覚えにくいので、
簡単な日本語にしてみました。

・1.「データをご覧ください」
・2. 「実際の画像です」
・3. 「比べてみてください」
・4. 「偉い人の声もあります」
・5. 「実験をしてみます」
・6. 「たとえ話をすると・・・」
・7. 「多くのみなさんに支持されています」



この7つの内容を広告文に散りばめていくと、
反応率アップするということです。




●証拠を使いこなせると


今回解説した方法で、
「証拠」を上手に見せられるようになると、
信じてもらえるので、ファンが増えます。


見込み客が少なくても売れます。




●悪用厳禁


ちなみに、FORCEPSフォーミュラは、
悪用することもできてしまいます。


人の信用を勝ち取る方法なので、
詐欺にも活用できてしまうのです。


ただ、詐欺は違法行為ですし、
自分自身も、長期的にビジネスを続けることができません。


誇大広告や詐欺を避けて、
FORCEPSフォーミュラを正しく使いましょう。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ


●まとめ


#


・書いたメッセージやレターをチェックする時は、「証拠があるか?」も見る

・「FORCEPS」を目安に証拠を書く

・「データ」「画像・動画」「比較」「推薦文」「実験」「たとえ話やストーリー」「多くの支持者」について書いていく

・証拠で納得して頂けると成約率アップ




●今回の課題今回の課題


#


「 FORCEPSフォーミュラの7つの証明方法のうち、
自分がよく信じてしまうものは何でしょうか?」

考えててみましょう。



では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ