ターゲティングの失敗とは?

●豚に真珠を売り込まない


今回は、「ターゲティングの失敗」について、解説します。


ターゲティングを間違えると、
文章がどんなに上手くても、商品は売れません。


日本人に対して、中国語で商品を売るようなものだからです。

高い成約率を出すための基本となりますので、
講義の内容を、確実に身につけましょう。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●ターゲティングの失敗とは?


C789_keitainotepen500-thumb-750x500-2396

ターゲティングの失敗とは、
「誰に向かってセールスするのか」の部分を
間違えてしまうことです。


失敗は2パターンあります。

「ターゲット自体を間違える」と、
「ターゲットに伝わる書き方ができていない」の2つです。


例えば、

・例:すでに億万長者の人に、年収1千万円を目指す教材を紹介した
・例:女子大生向けに服を売るのに、堅苦しい文章にした

という感じですね。


これらは、見込み客の「言葉」や「悩み」、
「欲求」を理解していないと、こういう失敗が起きます。


では、どうすればいいのかを解説していきます。




●ターゲティングの失敗の対処法は?


以下の方法で、売れるように
改善していく必要があります。


・1.リサーチしなおす
・2.OATHフォーミュラを見直す
・3.セールス文の基本型で書く
・4.ターゲットに刺さる言葉を使う



これで、成約率がアップします。

順番に解説していきますね。




●1.リサーチしなおす


リサーチが不足していると、ターゲティングは失敗しがちです。


・市場
・競合
・需要
・自分自身


上記のポイントを改めて調べなおしましょう。


何事も調査不足だと、失敗するものです。


これについては、『ターゲティングとは?』の
別途講義で解説しましたので、ご覧ください。




●2.OATHフォーミュラを見直す


OATHフォーミュラも重要です。


つまり、自分のメッセージが
「『買うか迷っている人』に向けられているるか?」
と見直すのです。


興味ない人に向けて、メッセージを書く必要はありません。



例えば、

「今はヤセている方へ。
将来太った時のためにダイエットの教材を買いませんか?」

などと書くのはムダです。




「太っている方へ。
ヤセてモテモテになれる教材を買いませんか?」

と書いた方が話が早いのです。



このOATHフォーミュラについては、
『OATHフォーミュラ』の別途講義で解説したので、
見ていなければ、そちらもご覧ください。




●3.セールス文の基本型で書く


「成約が取れる」と
証明されている型に沿って書くのが、大事です。


初心者が自己流でやると失敗します。


初心者はQUESTフォーミュラなどに当てはめて、
メッセージを書いてみましょう。


詳しくは
『QUESTフォーミュラ』
『AIDMAの法則』
『PASONAの法則』
などの別途講義をご覧ください。




●4.ターゲットに刺さる言葉を使う


見込み客に伝わる言葉を選ぶのも大切です。


以下のような工夫で、
ターゲットに分かってもらえるメッセージを書きましょう。


・小学生でも分かる言葉になおす
(例:CTR上昇→たくさんクリックされる)

・イメージできる表現になおす
(例:200mgのビタミンC→レモン10個分のビタミンC)

・似たようなことを繰り返し言う
(例:収入増加→収入増加。儲かる。稼げる。利益になる…)

・要点をまとめる
(例:~以上です。→ポイントをまとめると…)




●ターゲティングが成功したら?


ターゲティングが成功したら、
欲しい人に売り込めるようになるので、
文章が下手でも、一定数は売れるようになります。


また、誰に書いているのか定まるので、
素早く短時間で、広告文を書けるようになるのです。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●まとめ


#


では、今回のまとめです。

・書いた広告文をチェックする時は、まず「ターゲティングの失敗がないか?」を見る

・「1.リサーチしたか?」「2.OATHは考えたか?」「3.基本の型で書いてみたか?」

・次に、「4.刺さる言葉か」をチェックしていく

・ターゲティングができれば、確実に一定の
 成約は入るので、丁寧にチェックする




●今回の課題


#


「 ターゲティングの失敗をした時に
するべき4つの項目は、なんだったでしょうか?」

整理してみましょう。

では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ