3つのONEの意味とは?「結局なんなの」と言われないために

●「結局何がいいたいの?」


今回は、3つのONEについて、解説していきます。


コピーライティングには、以下の7つの失敗パターンがあります。

今回は、そのうち「焦点が合っていない」についてです。


焦点があっていないと、
「で、結局何がいいたいの?」とお客様に思われてしまいます。


高い成約率を出すために必須の要素ですから、
焦点の合ったコピーを書けるようになりましょう。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●焦点が合っていない、とは?


MS251_memotonewsp500-thumb-750x500-2711

「焦点が合っていない」とは、
「メッセージの趣旨が分かりにくく、
結局なんの文章なんだか、わけが分からない」ということです。


セールスの文章の場合、
長く書くのは、全くかまいません。


興味があるお客様は、長くても喜んで読むからです。

ただ、意味不明なのはいけません。


長くても、短くても、「結局なんなのか」
焦点を絞って書きましょう。




●焦点が合っていない時の対処法は?


では、焦点が合っていない時は、
どのように対処すれべいいのでしょうか?


改善点は、以下の「3つのONE」です。

・1つのメッセージ(ONE Message)
・1つの市場(ONE Market)
・1つの結果(ONE Outcome)


これを守れば、激的に成約率アップします。


順番に、解説していきますね。




●1つのメッセージ(ONE Message)


1つの文章の中では、1つの提案をするのが大切です。


たった1つについて詳しく書いていくのです。


例えば、これがダメな例です。


だめな例:
「仕事が重要です。とはいえ、家族も重要です。
そして、そのどちらでもないことも重要です。
ただ、やはり仕事よりもやはり・・・。」


そして、これがいい例です。

いい例:
「家族が一番。家族のためにこの商品を買いましょう。」


このように、趣旨を明確にして、
最終的に、YESかNOで答えられるようにして下さい。




●1つの市場(ONE Market)


自分のビジネス全体を、
1つのジャンルに絞るのも、大切です。


いい例とダメな例を、挙げてみます。



ダメな例:英語と、ダイエットと、恋愛の解説をするメルマガ

いい例:英語の音声教材メイン。
英語指導のセミナーも案内。英語上達ビデオも紹介するメルマガ。


もちろん、例外もあるのですが、
何の情報発信なのか、わけが分からなくなるのは厳禁です。




●1つの結果(ONE Outcome)


お客様の出口は、1つにします。

最終的に促す行動は1つなのです。


例えば、こういうことです。

ダメな例:
「電話はこちら。購入はこちら。
無料サンプルはこちら。
上位版はこちら。メールはこちら。」


いい例:「購入はこちら」


シンプル・イズ・ベストですから、
買い手にに求める行動を1つにしましょう。




●3つのONEを守れたらたら?


今回解説した、3つのONEが守れたら、
反応が上がり、成約数が増えます。


軸が一貫しているので、ファンができます。

結果の分析も簡単なので、ライティングが上達します。


ぜひ、覚えておいて下さい。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ


●まとめ


#


では、今回のまとめです。

・書いたメッセージやレターをチェックする時は、「焦点が合っているか?」も見る

・「メッセージは1つか?」「市場は1つか?」「結果は1つか?」

・色々書いてあると、混乱させてしまい、成約できない

・「1つを詳しく話す」ことで成約率が上がり、
ファンが増え、スキルもアップする




●今回の課題


#


「 3つのONEは、それぞれ何だったでしょうか?」

整理してみましょう。



では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ