PASONAの法則の意味とは?使い方と例を解説!苦痛と煽りで売る?

●苦痛と煽りで売る書き方


今回の講義では、
「PASONAの法則とは?」について解説します。

・「 PASONAの法則ってなんですか?」
・「 PASONAの法則って何に使うんですか?」

といった方は、ぜひご覧ください。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●PASONAの法則とは?


C789_keitaiminagaramemo500-thumb-750x500-2456

PASONAの法則は、有名なセールス文の基本型です。


・1.P・・・ Problem(問題)
・2.A・・・Agitation(扇動)
・3.S・・・ Solution (解決策)
・4.N・・・ Narrow down (絞り込み)
・5.A・・・ Action (行動)



上記の「P・A・S・O・N・A」の頭文字で始まる
英単語の順番で文章を構成していく、というものです。


順番に、説明していきますね。




●1.P・・・ Problem(問題)


「P」はProblem(問題)です。

お客様にとっての問題を提示して、興味を惹くのです。


例えば、

・例「肌荒れに悩んでいませんか?
毎日ガサガサで化粧のノリも悪い…と。」


このように問題点を書き、解決策を伏せるのがポイントです。


PASONAはこのように「苦しみ」の話からはじめます。




●2.A・・・Agitation(扇動)


「A」はAgitation(扇動)です。


問題点をさらに煽り、変わらなくてはまずいと扇動します。


言い方を変えると、傷口に塩を塗るのです。


例えば、

・例:「肌が汚いと老けてみえますし、ブスだと思われます。
内心、あなたは見下されているかも知れません。
肌荒れがヒドイと、恋人もできにくいというデータまであるのです」


というふうに言えば、なんとかして問題を解決しなければいけない、
という気持ちが高まりますよね。




●3.S・・・ Solution (解決策)


「S」はSolution (解決策)です。


この段階で、いよいよ、解決策を話します。

商品の良さを解説する部分なので、ここを一番長く書きましょう。


ベネフィット、証拠、体験談、保証、ストーリー・・・

などなどで、説明していきます。



例えば、

・例:「解決策があります。Zという栄養素を摂ると、
肌が綺麗になるというデータがあるのです(図)。

そこで、我が社はZサプリを開発しました。
1日1粒飲むだけで、あなたの肌は美しくなります。
利用者の声でも・・・・・・


というふうに書きます。


※実際は、こういう書き方は、
薬事法に引っかかるかも知れませんが、一例です。




●4.N・・・ Narrow down (絞り込み)


「N」はNarrow down (絞り込み)です。


購入期間や個数、購入権を絞り込みます。


希少性、限定性、その理由を出すのです。



例えば、

・例:「天然由来の貴重な成分ですので、
150名様限定でお売りいたします。
1日での完売が予想されますので、ご購入はお早めに」


のように書きます。




●5.A・・・Action(行動)


「A」はAction(行動)です。

見込み客は、なかなか行動しませんから、行動を促していく必要があります。


例えば、

・例:「どうぞ、こちらのレジで買えます」

・例:「お申込みはこちらをクリック!
   氏名と住所を書いて、送信ボタンを押してください」


のように呼びかけます。




●他の文章構成との違い


これまでの講義でQUESTやAIDMAなど、
別のセールス文の構成も解説しましたよね。


それとの違いを、説明します。


PASONAは、ネガティブな問題の話から書き始める構成です。


「苦痛」と「煽り」で話をすすめていくのです。


普通の人間は、快楽を求める心理より、
すぐに苦痛を遠ざけたいという心理の方を優先させて行動します。


したがって、苦痛を刺激されると、
買ってしまうということが、起きやすくなります。


特に、コンプレックス系の商品の広告文には、
PASONAが向いています。


また、前半は売り込み感がないので、
日常のブログやメルマガも、PASONAの構成だと書きやすいです。


逆に、前半がネガティブな印象になるため、
ポジティブなイメージで売りたい商品では、使いにくいとも言えます。
 

ポジティブな印象で売るものなら、QUESTなどの方がいいでしょう。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●まとめ


#


・メッセージの基本の1つに、PASONAの法則がある

・「問題提示」「問題の扇動」「問題の解決法」「解決法の絞り込み」「行動を促す」の順に書いていくというもの

・ネガティブな問題を解決するメッセージで使うこと

・ブログなどには向いている書き方




●今回の課題


#


「 PASONAの、P、A、S、O、N、Aはそれぞれ何だったでしょうか?」

整理してみましょう。



では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ