きなこの原則とは?世界初公開のコピーライティング基礎原則

●世界初公開のコピーライティング原則


さて今回は、「きなこの原則」について解説していきます。


「きなこの原則」を理解できれば、
古今東西の様々なコピーライティングを
的確に習得できるようになります。


「コピーライティングっていろいろあって難しいなあ」


なんて感じはじめている初心者は、
ぜひ最後まで講義を聞いてみて下さい。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●きなこの原則って変な名前…?


PPW_huruipentatetomemo500-thumb-500x750-615

さて、『きなこの原則』と聞いて、
「変な名前だなあ」と、思ったかも知れません。


それもそのはずです。


実は、「きなこの原則」は、僕が作った言葉です(笑)。


ただ、決して僕が思いつきで
デタラメを言いはじめたわけではありません。


全世界の有名コピーライターが使っている原則を、
覚えやすい「きなこ」という言葉を使って、
まとめてみたものなのです。




●きなこの原則はどんな時に使う?


では「きなこの原則」とは何なのか?


読み手の3つの心の壁を越えるための
3つの要素の原則です。



別の講義で、お客様の4つの心の壁については、
お話しましたよね。


・1.「開かない」
・2.「読まない」
・3.「信じない」
・4.「行動しない」


(この講義を見ていない方は、先にそちらをご覧ください。)



つまり、一生懸命に広告のメッセージを書いても、読み手は、


・まず「開封してくれない」
・開封しても「読んでくれない」

・読んでも内容を「信じて」くれない
・信じても「行動(買い物)」をしてくれない


というものでした。


このうち、「読まない」「信じない」「行動しない」
という3つの壁が、「き・な・こ」という頭文字の
3つの要素で攻略できるのです。




●「き・な・こ」とは?


ということで、
「きなこの原則」はシンプルです。

次の3つの順番で、メッセージを書いていけば、
読み手の3つの心の壁を越えられる、というものです。


・き・・・「興味」を惹く
・な・・・「なるほど、納得」と思わせる
・こ・・・「行動」したいと思わせる



順番に、解説していきますね。




●き・・・「興味」をひく


「き」はきょうみの「き」です。


読み手の「読まない」の壁を攻略するには、
興味を惹く必要があります。


・お得な話
・損する話
・悩みを解決する話
・非常識な話…



色々なパターンがありますが、
「興味」を惹く話をするのが原則です。




●な・・・「なるほど、なっとく」と思わせる


「な」は、なるほど・なっとくの「な」です。


興味を惹いただけでは、
読み手の「信じない」の壁が攻略できません。


ですから、読み手に
「納得」して頂けるようなメッセージを書きます。


・証拠を見せる
・メリット・デメリットを見せる
・ストーリー風にする・・・



など色々なパターンがありますが、
「なるほど、なっとく」と思って頂くのが重要です。




●こ・・・「行動」させる


「こ」はこうどうの「こ」です。


もし読み手に納得してもらえても
「行動しない」という壁が残っています。


ですから、

・締め切りを作る
・メリットをたくさん書く
・個数を限定する
・買い方を丁寧に解説する


などなどの工夫で、「今、行動しましょう」と
呼びかけていく必要があるのです。




●きなこの原則で頭の中を整理する


・き・・・「興味」を惹く
・な・・・「なるほど、納得」と思わせる
・こ・・・「行動」したいと思わせる



この順番にメッセージを書くのが「きなこの原則」の全体像です。


「ちょっと抽象的だな」と感じたかも知れません。


たしかに、「きなこの原則」は、基本原則なので、抽象的です。


ですが、だからこぞ覚えておくと便利です。



例えば、あなたが
「広告文に『警告!』と書くと成約率が上がる」
というテクニックを、聞いたとしましょう。


すると、

「なるほど、『警告!』と書くのはいいテクニックなんだな。
でも、どういう時に『警告!』と書けばいいのだろう?」

「なんでもかんでも『警告!』と書くと変だよな……?」


こんなふうに、悩んでしまますよね。


そんな時に「きなこの原則」を思い出してみて下さい。


「『警告!』は、『きなこの原則』で言えば、『き』の部分だな」

「興味を惹くためのメッセージだから、
他の言葉で興味を惹けるなら、
無理に『警告!』と使わなくてもいいな」


と、冷静に判断できます。


このように、「きなこの原則」当てはめて頭を整理すると、
正しくにテクニックを使いこなせるのです。



●「きなこの原則」を覚えると


「きなこの原則」が理解できると
ライティングテクニックの土台が身につきます。

情報発信をするなら、ぜひ覚えておいて下さい。


また、「きなこの原則」よりも具体的で、
より実践的な「書き方」の話は、今後の別途講義で解説しいきます。


「もっと具体的に知りたい」
と思った方は、次回以降の講義を、ご覧下さい。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●まとめ


#


・コピーライティングには様々なテクニックがある

・しかし、根本は「きなこの原則」

・き・・・興味をもってもらう
・な・・・納得してもらう
・こ・・・行動してもらう

・他のテクニックは「きなこ」の手段
・わからなくなったら「きなこ」を思い出す




●今回の課題


#


「きなこの原則のき、な、こ、はそれぞれ何だったでしょうか?」

整理してみましょう。


では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ