not openの攻略とは?DMやメルマガの開封率アップ

●開けてもらわないと始まらない


今回は、not openの攻略について、解説していきます。


・not openの攻略って何?
・なんでnot openを攻略する必要があるの?
・メルマガの開封率アップするには、どうすれば?



という人は、ぜひ最後までお読み下さい。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●not openの攻略とは?


SplitShire-0589-800x500

さて、not openの攻略とは、
文字通り「開いてもらえないという問題」を
攻略することです。


簡単に言いかえれば、
「お客様に、DMやメルマガを
開封してもらうテクニック」です。


せっかく時間をかけて文章を書いても、
お客様に開かれなければ、何の意味もありません。


ですから、
なんとかして開封率をアップさせる工夫が必要です。


ただ、
not openの攻略は、正直簡単ではありません。


というのも、現実的に打てる手が少ないのです。


まさか、お客様の家に直接出向いて、
「メルマガ開いて下さい!」と
ドアを叩くわけにもいきませんので(笑)。



したがって、現実的にできる作戦は、以下の4つしかありません。

・1.技術的な問題をなくす
・2.時間の工夫
・3.題名の工夫
・4.セルフブランディング



では、一つずつ、解説していきます。




●1.技術的な問題をなくす


技術的な問題をなくすとは、
「物理的に読めない」
という問題を潰すことです。


例えば、チラシが雨で濡れたら、
お客様は読みたくても読めませんよね。


そういう初歩的なトラブルを回避する、という対策です。


メルマガであれば、以下のような工夫ができます。


・アダルトな言葉や、暴言を使わない
・アドレス帳への登録を促す

・評判のいい配信スタンドや、サーバーを使う
・独自ドメインのアドレスから配信する
・短縮URLを、独自ドメインのURLにする
・エラーメールを処理する



動画講義では、一つの一つ解説しているので、
メルマガをやる人は見て見て下さい。




●2.時間


時間の工夫とは、お客様が読んでくれそうな時間に
届くようにする、というものです。


例えば、駅前でのチラシ配りを、
深夜3時にやっていたら、
全然受け取ってもらえませんよね。


メルマガやチラシ、DM、
ブログ、Twitterなどの場合も、同様です。


深夜や平日の日中だと
「無視される」という可能性が高まります。



ですから、会社員が仕事が終わった頃などに
届くようにするのが、いいわけです。

(例えば、21時など。)


自分の見込み客の時間がありそうな時間を、
狙って調整していきましょう。




●3.題名


題名の工夫とは、
文字通り面白そうなタイトルを付けることです。


「いや、『面白そうなタイトル』
って言われても思いつかないよ」


と思うかも知れません。


その場合は、「論争性」「希少性」「興味性」
のどれかがあるタイトルを考えてみて下さい。


例えば、以下のようなタイトルです。

・論争性・・・(例:明日、日本は滅びます)
・希少性・・・(例:先着50名様限定です)
・興味性・・・(例:ドラえもんに学ぶビジネス)


このような感じですね。




●4.セルフブランディング


セルフブランディングとは、
純粋に自分自身の実力を高めながら、
価値を演出する方法です。


そして、
お客様にファンになってもらう、ということ。


遠回りなようですが、実は一番効果的な手段でもあります。


もし、お客様がファンになってくれたら、

・もし迷惑メールに振り分けられても、読んで頂ける
・タイトルに関係なく読んで頂ける



ということが現実に起きます。


堅実に実力を身につければ、
真の意味での安泰があると言えますね。


ちなみに、セルフブランディングについては、
また別の講義で詳しく解説しました。

そちらも合わせてご覧下さい。




●Not open の壁を越えられると


というわけで、
今回説明したNot openの攻略ができると、
まずメッセージが読まれるようにはなります。

ビジネスが一歩前進するわけです。


もちろん、他にも壁はたくさんあるので、
not openだけ攻略してもゴールではありません。


ですが、Not openが攻略できないと
論外ですので、確実に攻略しましょう。


その上で、
今後の別途講義で解説していくテクニックも
使っていきましょう。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●まとめ


#


・読者に「開いてもらえない」のは大問題

・「技術的な問題をなくす」「時間」「題名」「セルフブランディング」によって、開いてもらうこと

・開いてもらうためにできる対策は少ない

・だからこそ確実に、丁寧にやる




●今回の課題


#


今回の課題
「not openの攻略法4つはそれぞれ何だったでしょうか?」

整理してみましょう。


では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ