コピーライティングの意味とは?ペン1本で億を稼ぐ基礎スキル

●ペン1本で生涯年収が爆増する魔法のスキル


今回は、「コピーライティングとは?」
について、解説します。



コピーライティングは、
情報発信のビジネスに必須のスキルです。


また、マスターすれば、才能がなくても
ペン1本で、億単位の収入を稼げる
魔法のようなスキルでもあります。


……などと言われても現段階では、

・「コピーライティングって何ですか?」
・「コピーライティングが何の役に立つんですか?」
・「コピーライティングは才能がないとダメでしょ?」



と思っているかも知れませんが、
そういうあなたこそ、ぜひ今回の講義をご覧ください。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●コピーライティングとは?


PAK58_mihirakitecyoutopen500-thumb-750x500-3084

さて、普通の人は
「そもそもコピーライティングって何?」
と思うでしょうから、まずはそこを説明します。


僕自身、インターネットビジネスを実践するまでは、
コピーライティングは、「キャッチコピーを考える仕事」
なのだと、漠然と思っていました。


自分に必要なスキルだとは、全然、考えていなかったものです。


が、ビジネスについて学んでいるうちに、
インターネットビジネスはもちろん、


「ほぼ全てのビジネスに、
コピーライティングが必要なんだな」

と知りました。


では、コピーライティングとは何なのか?


ずばり簡潔に答えると、「広告の文章を書くこと」です。


広告という部分を、
「セールス」や「売り込み」と置き換えてもいいでしょう。


とにかく、お客様を
自分の商品・サービスに導くために、
文字を書くことが「コピーライティング」です。


そもそも、「コピー」とは「広告文」を意味します。


「ライティング」は「書くこと」ですから、
読んで字のごとく、ですね。




●なぜコピーライティングが必要?


では、
なぜコピーライティングが必要なのでしょうか?


それは、
「全てのビジネスが、文字でお客様を誘導するから」
です。


まさか、お客様を取り押さえて、強引に拉致して、
商品を買わせたりはしませんよね。


そうではなく、「言葉」で魅力を伝えて、
買い物をして頂くわけです。


「言葉」で魅力を伝えることは、
対面だと、「セールス」や「営業」と呼ばれます。


一方、通信販売の場合は、直接接客をしません。


したがって、
自分のサイトや商品紹介のカタログで、言葉を使って、
商品・サービスの魅力を伝える必要があります。


ですから、インターネットで商品を紹介して
販売していくあなたも、コピーライティングの
スキルを身につけるべきなのです。


コピーライティングが上手ければ、
正直、商品が平凡なものでも、充分に売上が上がります。


コピーライティングが下手ならば、
いかに良質な商品でも、魅力が伝わらないので、売れません。




●コピーライティングは才能がいる?


ここまで読み進めて、

「でも、コピーライティングって、才能がいるのでは?」

と思ったかも知れません。


が、ご安心下さい。


インターネットでのコピーライティングには、
特別な才能は必要ありません。


なぜなら、マスメディアでの
コピーライティングとは違うからです。




●マスメディアとインターネットの違い


テレビCMや雑誌広告のコピーライティングは、
正直、才能や並外れた努力が必要になります。


その理由は以下のようなものです。


・視聴者は広告を見たがらない
(視聴者は番組を見たいだけ)

・時間制限や文字制限がある。
(テレビの場合、たった15秒しかない)

・テレビでは買い物ができない
(買い物の時まで記憶に残るインパクトが必要)


つまり、広告を見たくない人に、
短い時間で、買い物の時まで忘れないような、
強烈なメッセージを伝えなければいけないのです。




ところが、インターネットは違います。


ネットの商品・サービス紹介には、
以下のような特徴があります。


・訪問者は、商品紹介を読みたくて読んでいる
(自分の見たいサイトを見るものだから)

・自分のサイトには、制限はない
(文字数も時間制限もなく自由)

・その場ですぐ買い物ができる
(「ちょっと買ってみようかな」と思わせるだけでOK)


ネットの場合、興味を持っていないサイトは
最初から見ませんよね。


したがって、訪問者はテレビよりは、
「商品やサービスの紹介を読む気」を持っています。


しかも制限が少なく、その場で買い物もできるので、
購入までのハードルが小さいのです。


このような理由で、インターネットでの
コピーライティングであれば、
文章が得意ではない人でも、マスターできるのです。




●コピーライティングをマスターできたら


もちろん、1日2日で習得はできませんが、
コピーライティングは、一生涯使えるスキルです。


今のうちにマスターしておけば、
生涯年収が底上げされるのは間違いありません。


見込み客が少なくても、売上があがりますし、
仕事の依頼が来たり、
自然にファンが増えたりします。


今後の講義で、コピーライティングについて、
動画解説していきますから、
まずはそれらを視聴して、マスターしてみて下さい。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●まとめ


#


・コピーライティングとは「広告文を書くこと」

・特に、インターネットでのコピーライティングでは
「ん? なるほど、買おう」と思わせる言葉のワザのこと

・「上手さ」ではなく、話す順番や、言葉選びが重要

・情報発信ビジネスは言葉が主体なので、必ず覚えること

・極めるとコピーライティングで年収数億円も




●今回の課題


#


「コピーライティングって才能がいるんでしょ?」

と思っていた過去の自分に手紙を送ってみましょう。


聞いた内容をアウトプットする
習慣を身につけてみて下さい。


では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ