OATHフォーミュラの意味と使い方とは?ターゲティングと市場選定

●どんな人がターゲット?


今回の講義では「OATHフォーミュラとは」
について解説していきます。

OATHフォーミュラが理解できると、
ターゲティングが上手になり、
多くのお客様に感謝されるビジネスが、できるようになります。


・「どんな人をターゲティングすべきですか?」
・「上手くターゲティングするには?」
・「OATHフォーミュラって何ですか?」


といった方は、動画講義と合わせてぜひお読み下さい。





●的確なターゲティング


SplitShire-8937-800x500

例えば、「iPhoneを知らない人」
iPhoneカバーを販売したらどうなるでしょうか?

当たり前ですが、売れませんよね。


こういう失敗をしないように、
的確にターゲティングするには、
「OATH(オース)フォーミュラ」を使と便利です。




●OATHフォーミュラとは?


OATHフォーミュラとは、
ターゲットを考える目安に使う方程式です。

O・・・Oblivious
A・・・Apathetic
T・・・Thinking
H・・・Hurting


という、4つの英単語の頭文字をとった用語ですが、
「なんだかよく分からないぞ?」と思いますよね。


では、もう少しわかりやすく、解説していきます。




●ようするにOATHフォーミュラとは?


OATHフォーミュラとは、客層を

1. Oblivious・・・無知の人
2. Apathetic・・・関心がない人
3. Thinking・・・考え中人
4. Hurting・・・困っている人


の4つに分類してみることです。


例えばダイエットサイトの訪問者なら、

・1.自分が太っていると気付いてない人
・2.太っていると知っているが、痩せる気がない人
・3.ダイエットしようか考えている人
・4.痩せたくて仕方がない人

の4つに分けられます。




●誰をターゲットにすべきか?


では、誰をターゲットにすべきかというと、
答えは「3. Thinking(考え中の人)」です。

・1.無知の人
・2.関心がない人
・3.考え中人←中心ターゲット
・4.困っている人

なぜなら、
「1.無知の人」「2.無関心の人」は欲求がないので、
滅多に買いものをしません。

「4.困っている人」は、買ってくれるのですが、
人数が少ないですし、

そもそもセールスしなくても買う人なので、
売り込む対象ではありません。


したがって、
「3.考え中の人」に買ってもらう努力をするのが、
最も成約率が高まる売り方なのです。


「3.考え中の人」の人に納得して買い物していただけると、
とても感謝され、リピーターにもなって頂けます。


一方、「2.関心がない人」などに無理やり売リ込むと、
売れませんし、クレームになりがちです。


的確にターゲティングしていきましょう。




●OATHフォーミュラを活用すると


ということで、OATHフォーミュラで整理した上で、
ターゲティングしてビジネスを行うと、

・成約率が上がる
・クレームが減る
・購入者に喜ばれる


という素晴らしいことが起きます。

多くのお客様に感謝されるビジネスになりますから、
ぜひ、活用していきましょう。




●まとめ


#


・ターゲティングにはOATHフォーミュラも使う

・人を「無知の人」「無関心の人」「考え中の人」「困っている人」に分類してみる

・「考え中の人」をターゲットにするのが王道

・OATHフォーミュラを活用すると
 クレームが減り成約率が跳ね上がる




●今回の課題


#


では、今回の課題は、
「自分の見込み客を、OATHフォーミュラで分けてみる」
です。

妄想でも構いません。


聞いた内容を、
アウトプットする習慣をつけましょう。


今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ