ビジネス新規参入の6条件 あなたの妄想は実現する?

●自分が参入できるか?


今回の講義では「ビジネス新規参入の6条件」
について解説します。


・「あるビジネスに興味が持ったのですが、うまくいくでしょうか?」
・「趣味を仕事にしてみたいんですが……」
・「儲かりそうなビジネスを思いついたが、実現できるか不安」


このような方はぜひご覧ください。

(僕が作成した動画講義前編・後編です↓)





※ビジネスの上級者向けの記事の一覧はこちら↓
起業して自分の力で稼ぐあなたへ 上級者向けの講義一覧



●ビジネスの新規参入とは?


Screen-with-Swimming-Fish-Background-600x450

ビジネスの新規参入とは、
ゼロから新しくビジネスをはじめていくことです。


「ビジネスのアイデアや妄想が思いついた」
という人は、案外世の中にたくさんいるのですが、
そのうち9割は成功しませんよね。


ですから、新規参入のときは、
正しい参入条件を知ることが重要になります。


「当たり前で、しかし重要な6つの条件」があり、
これを知っているかどうかで、成功率が激的に高くなります。


妄想を妄想で終わらせないためにこそ、
実現できるアイデアなのか、
見極められるようになりましょう。



●新規参入6つの条件とは?


ビジネスの新規参入の6つの条件とは、
以下の6つです。

・1.見込み客が多い
・2.競合に勝てる
・3.利益率が高い
・4.定期収入が多い
・5.在庫が少ない
・6.元手がいらない


順番に、見ていきましょう。




●1.見込み客が多い


1つ目は、見込み客が多いことです。

求められているビジネスをしなければ、
売上はたちません。

情熱だけでは成立しないので、
イメージではなく、数字・統計ベースで分析し、
見込み客が多いかを調べてみましょう。


人の強い欲求に合致するビジネスならば
需要も多いはずです。




●2.競合に勝てる


2つめに、ライバルに勝てるかどうかです。

自分のレベルで参入できるものを選ぶのが、
売上を立てられるかの鍵になります。


・競合と戦えるのか?
・戦わずに勝つ方法は?


などを冷静に判断しましょう。


有名な経営学の理論に、マーケティング力が、
足し算ではなく掛け算になるというものがあります。


例えば、
「宣伝力5×社員力5×商品力5」なら力は125です。

一方、
「宣伝力2×社員力1×商品力6」なら力は12です。


力は、相互に掛け合わさって発揮されるので、
大企業と小さい企業は、圧倒的な力量差になります。


直接対決すると、勝負にすらなりません。


もし少人数で、大人数と戦う場合は、
「差別化、一点集中、局地戦、接近戦、一騎打ち、陽動戦」
が必要です。(ランチェスターの法則)


覚えておきましょう。




●3.利益率が高い


3つ目に、利益が大きいビジネスをするのも大切です。


スーパーマーケットは
利益率0.5%の商品なども多数あります。


一方で、ITなどの分野は利益率50%を越えたり、
コンサルタントなどは利益率90%以上だったりします。


努力とは関係なく、参入するジャンルによって、
そもそもの利益率が変わってくるので、
利益率が高そうなものを選んでいきましょう。




●4.定期収入が多い


Road-Landscape-with-Planet-Rise-600x375

4つめに、なるべく収入が続くビジネスにします。

・リピーター
・継続課金型
・プラットフォーム型


などを考えてみて下さい。


キャッシュ・フロー(お金の流れ)の良し悪しが、
次の投資にも大きく関係します。




●5.在庫が少ない


5つ目に、在庫を抱えないビジネスというのも、
ポイントになります。


在庫があると、

・商品の質
・生産費
・管理費用、倉庫費用


などでコストがかかってきます。


理想は、無形のサービスを売ることですね。




●6.元手がいらない


6つ目に、少ない資金で
回せるビジネスというのも大切です。


始めるためにも、
続けるためにも、

元手は少ない方がいいです。

サービスや教育、企画をするビジネスなら、
元手はなくてもできますので、そういうものがいいですね。




●6つの条件をおさえると


この6つをおさえると、
以下のようなメリットがあります。


・見込み客が多い、競合に勝てる、利益率が高い
・定期収入が多い、在庫が少ない、元手がいらない

・失敗しても復活できる
・成功しやすい



小さな資金で、大きな成果を出すことができるので、
この6つにあてはまるビジネスをしましょう。




●ちなみに(重要)


ちなみに、
新規参入の時点で、撤退について考えておいてください。


「いつまでに目標達成できなかったら撤退するのか?」
を決めるのです。


一見、ネガティブなようですが、
だらだら成功した企業はないので、期限と損切りは、重要です。


※ビジネスの上級者向けの記事の一覧はこちら↓
起業して自分の力で稼ぐあなたへ 上級者向けの講義一覧



●まとめ


#


・ビジネスの新規参入には、目安となる条件がある

・「見込み客が多い」「競合に勝てる」「利益率が高い」「定期収入が多い」「在庫が少ない」「元手がいらない」をチェック

・参入を見極めて、失敗のリスクを減らし、成功の可能性を高めていくこと




●今回の課題


#


「あなたが興味を持つビジネスは、6つの条件にあてはまるでしょうか?」

考えてみましょう。



では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ