新聞・雑誌広告を使うコツは?サイズや掲載位置の心得

●正しいマスメディア広告の打ち方


今回の講義では
「新聞・雑誌広告を使うコツ」を解説します。

・「新聞や雑誌の広告って使えるんですか?」
・「雑誌に広告出しましたが、赤字でした」


といった方はぜひご覧ください。



※ビジネスの上級者向けの記事の一覧はこちら↓
起業して自分の力で稼ぐあなたへ 上級者向けの講義一覧



●新聞・雑誌広告を使う?


NAT86_eijishinbuntochoko500-thumb-903x600-4273

お金を払えば、新聞や雑誌の広告欄に
宣伝を出すことができます。


媒体にもよりますが、個人でも出せるものも多いです。


つまり、数万人に向けて
広告を打つチャンスが身近にあるわけです。


もちろん、
インターネット広告よりは使いにくいのですが、
だからこそ、ライバルが使っていない可能性もあります。


選択肢の1つには、なるでしょう。




●新聞・雑誌広告を使うコツ


そんな新聞雑誌広告を出すときは、
以下の点に気をつける必要があります。


・読者の属性(見込み客はいるのか)
・購読者数(発行部数のマジックに騙されない)
・掲載位置(右上がベスト)
・サイズ(適度に大きい)
・記事らしさ(広告臭をなくす)
・リスト取り(売らない)



各項目については、動画講義で概説しました。




●新聞・雑誌広告が使えると


新聞雑誌広告が使えると、
ライバル不在の場所で
集客できる可能性あります。


新規開拓になりますし、
比較的即効性のある集客ができます。


インターネット広告の方が、
安くて効率がいいのですが、
もしネットに広告を出し尽くしたら、使ってみて下さい。


※ビジネスの上級者向けの記事の一覧はこちら↓
起業して自分の力で稼ぐあなたへ 上級者向けの講義一覧


●まとめ


#


・新聞・雑誌広告は、個人でも使える

・「読者の属性、発行部数、掲載位置、サイズ、記事らしさ、リスト取り」に気をつけること

・新規開拓になる可能性がある

・インターネットでの広告を打ち尽くしたら、
新聞・雑誌広告にも挑戦する




●今回の課題


#


「新聞・雑誌広告を使うなんて怖い」

と思っていた過去の自分に、
手紙を書いてみましょう。


では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ