DRMの意味とは?ダイレクトレスポンスマーケティングの特徴と基礎

●ブログよりメルマガが強い理由~


今回の講義では、「DRMとは?」について、
解説していきます。

DRMは個人で最も効率的に稼げる
マーケティングの手法です。


・「DRMってなんですか?」
・「DRMは最強のビジネスなんですか?」
・「DRMは古いって聞きましたが?」



といった方は、動画講義と合わせて最後までご覧ください。




●ブログや物販の弱点とは?


028

ブログや、物販のビジネスには、弱点があります。


ブログは、1人の訪問者と、
1度きりの付き合いになりがちです。

滅多にリピーターがつきません。


また、物販では、
1人の購入者に、1つの商品を送るので、
手間と費用がかかってしまいます。


「まあ、仕事だし仕方ないんじゃないの?」

という気がするかも知れませんが、
こうした弱点を解消できるのが、
DRMというマーケティングなのです。


「DRM」は、「億」単位で稼ぐ情報発信者が、
全員使っている手法です。


英語圏では個人で年収10億などという人もいます。


では、DRMとは何か、解説していきます。





●DRMとは?


DRMとは、
「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」
のことです。

難しそうに聞こえますが、
日本語に翻訳すると、「直接・反応・マーケティング」
になります。


つまり、
お客様に直接、連絡して、反応をもらう商売です。


例えば、こういう感じです。


販売員「どうもこんにちは。新商品出ましたよ」
見込み客「あら素敵ですね。そう言えば質問なんですが…」
販売員「はい、なんでしょうか」


なんとなくイメージできたでしょうか。

インターネットの場合は、
メルマガを使ってDRMをするのが王道です。




●DRMはリストビジネス


DRMの良さの1つは、
リストビジネスだということです。

「リストビジネス」とは、
見込み客の「名簿リスト」が、
手元に残るビジネスのことです。

つまり、こちらから電話をかけたり、
メールを送ったりできるという意味です。


対して、お客様の来店をじっと待つビジネスを、
「トラフィックビジネス」と呼びます。


例えば、ブログの読者には、
直接メールは送れませんよね。

だから、ブログの運営は、
トラフィックビジネスです。


リストビジネスと、
トラフィックビジネス。


一長一短ではありますが、
変化に強くて、爆発的に稼げるのは、
お客様と連絡がとれる「リストビジネス」です。


だからこそ、メルマガを使ったリストビジネスは、
非常に優れたビジネスモデルなのです。


なぜ、メルマガのDRMが優れているのか、
もう少し詳しく解説していきます。





●メルマガDRMの良さ


メルマガの良さは、以下のような点です。


・メールなので費用が安い

・大量の相手に一斉配信するので、莫大な利益になる

・見込み客の名簿リストが手元に残る
 =リピーターが大量に生まれ、安定収入

・中抜き業者がいないので利益率が高い



また、以下のような良さもあります。

・見込み客の反応をみて商品内容を改良できる

・長い間の交流で、信頼を作れる

・リアルタイムで情報を送れる速さ



嘘みたいなくらい、都合がいいモデルですよね。

元々DRMは、アーロン・モンゴメリー・ワードという人が
1872年に「お客様満足」のために発明したマーケティングです。

ですから、儲かるだけではなく、
「お客様満足」もできるマーケティングなのです。




●DRMの流れ


そんなDRMには、以下のような大きな流れがあります。

・集客(見込み客リストを集める)
 ↓
・教育(情報を教える)
 ↓
・販売(売る)


この1つひとつを丁寧に行うだけの
非常にシンプルなマーケティングだと言えます。




●メルマガへの反論?


「メルマガは終わった」なんて言う人も、世の中にいます。

しかし、メルマガは相変わらず強力なマーケティングです。


もちろん、完璧ではありませんが、個人のビジネスの中では、
メルマガがトップレベルで利益率が高くて
儲かるビジネスなのは、間違いありません。


「文章が書けない」

なんていう人もいますが、
日本人なら、最低限の日本語は書けるものなので、
自信を持って、メルマガをやっていきましょう。


文章に関しては、コピーライティングについての
別途講義で、詳しく解説していきます。




●DRMは個人が使える最強戦術


というわけで、メルマガを使うDRMは、
個人でやるなら人類最強と言っても過言ではないくらい、
優れたビジネスモデルです。

低コストで莫大な金額を、長期的に稼げます。


大人数の人間が携わる場合は、
DRM以外にも有効なマーケティングがありますが、

個人でインターネットビジネスをやるなら、
事実上、DRMが最も優れています。


「集客・教育・販売」の総合力を身につけていきましょう。




●まとめ


#


・ブログや物販は「リピート」や「費用」「手間」の弱点がある。トラブルで収入がなくなるリスクもある

・メルマガDRMなら、低コストで爆発的かつ安定的に稼げる

・お客様が満足(直接意見、信頼、即効性)
・販売者が満足(中抜きなし、1対多数、低コスト)

・欠点もあるが、個人のビジネスなら最強

・「集客、教育、販売」の総合力を身につける




●今回の課題


#


「メルマガって稼げるの?」

と思っていた過去の自分に、
手紙を書いてみましょう。


聞いた内容を、アウトプットする習慣をつけましょう。

では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ