熱意と情熱の伝え方は?営業の仕事やセールスの文章のコツ

●熱意と情熱の伝え方は?


熱意がない、とは?

コピーライティングおいて「熱意がない」とは、
商品やサービスのメッセージに、
熱意が感じられない状態のことです。


熱意が伝わらないと、成約は激減しますから、
今回の講義で熱意の伝達について、学んでみて下さい。


※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●熱意の伝達の必要性


OJS_notenimemowotoru500-thumb-500x750-1400

人は論理だけでは行動しません。


売り手の「本気さ」に感銘を受けて、
購入や申し込みを決断する人も多数います。



もし仮に、本当は熱意があるのだとしても、
伝わらない場合は意味がありません。


したがって、営業の仕事や、セールスの文章では、

「テキトーに売って儲けたいだけではないか?」

と、思われないように、熱意を伝えていく必要があります。




●熱意を伝えるには?


では、熱意を伝えるには、
どうすればいいのか?


・1.本当の熱意
・2.自分の言葉
・3.さっぱりした伝え方



この3つをつかいましょう。

順番に、解説していきます。




●1.本当の熱意


結局、嘘はバレます。


声のトーンや、視線の微妙な変化、
文章の細部に不自然さが出るからです。


ですから、本当に熱意を持つのが、大前提です。


・「こういう人に、こんな価値を与えたい」
・「自分にしかできない」



と信じて、価値のあるものを、自信を持って売りましょう。




●2.自分の言葉


パクリではなく、オリジナルで語りましょう。


もちろん、何かのマニュアルを参考にするのはOKです。


しかし、表面のマネはNGです。

自分の言葉で自然に話していきましょう。


動画や音声は伝わりやすいので、
なるべく使えるなら、活用しましょう。






●3.さっぱりした伝え方


熱意を伝えるためには、言い方も重要です。


・断定的に言い切る
・過去形か現在形で言い切る
・予想ではなく、現実を語る



上記の点を、意識しましょう。


例えば、こうです。

・いい例:「あなたは痩せます」


以下が、だめな例です。

・だめな例:「痩せるのではないでしょうか?」
・だめな例:「痩せる可能性が高いと思います」




●熱意が伝わると


熱意が伝わると、
悩んでいたお客様に、決心して頂けます。


分かりやすいので、ファンがつきます。


成約率アップや安定化もしますので、
熱意は伝えていきましょう。


営業の仕事や、セールスの文章では、
最後のひと押しとして効果的です。




●ちなみに


それでも伝わらない時は、チェック項目の再確認が必要です。

・ターゲティングの失敗がないか?
 (リサーチ、OATH、基本型、刺さる言葉)
・焦点が合ってるか?(3つのONE)
・魅力は書いたか?(FAB、GDT)
・証拠を書いたか?(FORCEPS)
・理由を書いたか?(Reason Why)
・希少性があるか?(制限と恐怖)


過去の講義をご覧になってみて下さい。

特に、「魅力が書けているか?」の失敗が多いので、
チェックしてみて下さい。

※コピーライティングの基礎講義の記事一覧はこちら↓
コピーライティングの初心者向け基礎講座の一覧まとめ



●まとめ


#


・書いたメッセージをチェックする時は、「熱意があるか?」も見る

・「本当の熱意」を持って「自分の言葉」で、「さっぱりした伝え方」で話す

・それでも伝わらない時は、チェック項目を再確認

・自分の信じる価値をお客様に届けること




●今回の課題


#


「熱意を伝えるには、何が必要だったでしょうか?」

整理してみましょう。



では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ