マーケティングファネルの意味とは?事例の図解とダブルファネル

●表面から本質への情報発信


今回の講義では、
「マーケティングファネルとは」について、
解説していきます。

「マーケティングファネルってなんですか?」
といった方はぜひご覧ください。






●マーケティングファネルとは?


マーケティングファネル

マーケティングファネルとは何か辞書で調べると、
「消費者の購入までの、意識の遷移を図化したもの」
と、出てきます。


これだけだと、よく分かりませんよね。


「そんなの知る意味あんの?」
という気が、すると思います。


が、マーケティングファネルは、
とても使える考え方です。


そもそも、ファネルとは「漏斗」のこと。


ですから、マーケティングファネルとは、
見込み客が、常連客になっていくまでの過程を、
漏斗に流し込む液体に例えて、整理する考え方です。


マーケティングファネルを知っていると、
戦術の使い分けが上手になります。




●戦術の使い分けとは?


マーケティングの戦術の使い分けとは、
以下のようなものです。


例えば、

・例:いま、価格をいくらにするのか?
・例:今回、どんな言葉づかいをすべきか?
・例:現状、どんな商品を売るべきか?



こういう質問に、
絶対的な正解はありませんよね。

その場に応じて、使い分ける必要があります。


そんなときに、
マーケティングファネルを知っていると、
的確な判断ができます。




●図解マーケティングファネル



・お客様の変化
ファネル



・情報の出し方
ファネル2



・価格の設定の仕方
ファネル3



・メルマガ読者の場合
ファネル4




●マーケティングファネルを意識


ということで、
マーケティングファネルを知っていると、
情報や価格をコントロールできます。

成約率やリピーターの数が増えます。

効率が良くなります。


ぜひ、上記の図を頭にいれておきましょう。




●ちなみに


ちなみに、ダブルファネルという考え方もあります。

見込み客が、常連客になると、
今度は常連客が別のお客様を、
口コミで連れて来てくれます。

そうすると、このような図になります。

ファネル5

ダブルファネルになると最高ですね。




●まとめ


#


・ビジネスは戦術の使い分けが必要

・「マーケティングファネル」をイメージし、ワザを使い分ける

・無料から低額へ、低額から高額へ
・刺激的な話から、「本質」の話へ

・いずれはダブルファネルへ




●今回の課題


#


今回の課題は、
「『マーケティングファネルとか覚えても意味ない』
と思っていた過去の自分に、手紙を送ってみましょう」
です。


学んだことをアウトプットする習慣をつけましょう。

では今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ