SEO集客での内部対策の方法は?ドメインやテンプレート

今回の講義では、「SEOの内部対策」について解説します。


全てのブログで行うべき対策ですから、
ぜひご覧ください。



※情報発信で稼ぐ講座の記事一覧はこちら↓
メルマガのDRMで情報発信して稼ぐ方法と仕組み 中級者講座



●SEO集客のポイント


Music-Notes-with-Person-Head-Design-600x375

SEO集客には以下の3つのポイントがありました。

・0.リサーチを徹底する
・1.内部対策をしっかりする
・2.外部対策も必要ならやる

そのうち今回は、
「1.内部対策をしっかりする」
を解説していきます。

内部対策とは、ブログの中身を、
検索上位表示されやすいように
工夫することです。




●キーワードを意識する


SEO集客で最も重要なのは、
「狙うキーワードを意識する」
ということです。

「このキーワードで1位を取ろう」
というのを定めなければ、
1位は取れません。

狙うキーワードを決めて、

「サイトタイトル」と
「記事タイトル」と
「記事内」に

狙うキーワードを入れていきましょう。




●ドメイン


まず、内部対策では、
「良いドメインを使う」ということが大切です。

・長期運営なら、新規のローマ字ドメイン
・短期的に使って捨てるなら、中古ドメイン
・特化サイトは、日本語ドメイン

というふうに、ドメインを
使い分けていきましょう。




●テンプレート


次に、できれば「SEOテンプレート」を
使うのがいいですね。


ブログのテンプレートとは、
「タイトル」や「記事」「サイドバー」などが、
どう表示されるかを決めるものです。


ようは、サイトの外観の設定などでも、
多少、検索順位が変わります。


できれば、有料のものを使うのが望ましいです。




●記事内の工夫


また、記事の中身にも、
以下のような工夫をしていくのが大切です。

・記事の量と質を、ライバル以上にする
・引用の少ない、オリジナルの文章

・内部リンク(まとめページ、記事から別の記事へ)
・アンカーリンク
・発リンクにはrel=”nofollow”をつける

・滞在時間を伸ばす工夫
(読みたくなる記事、動画や音声)

動画講義で解説しているので、
ご覧ください。




●1.内部対策をしっかりする


さらに、余裕があれば、
以下の内部対策もすると良いですね。


・新しい言葉
・適切なHTML文法
・論理的なパーマリンク
・301転送
・空ディレクトリを作らない
・H1、H2タグ
・メタディスプリクション
(メタキーワードやメタタグは不要)

これらは非常に細かい作業になるので、
必ずしもやらなくても構いません。



では、「外部対策」については、
次回の講義で解説します。




●まとめ


#


・SEO集客とは、検索エンジンで上位表示して集客する方法

・内部対策をしっかりする

・ドメインやテンプレート、記事の量や質、リンクなどを丁寧に設定していく

・SEOをマスターして、
集客自動化を目指す




●今回の課題


#


「SEO集客の続きの講義を見る」

今回の講義は以上です



続きの講義をご覧ください。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ