リードメールの意味とは?メルマガ集客に使うメリットとデメリット

●お小遣い属性を集客


今回の講義では、
リードメールからの集客について、解説します。


・「リードメールってなんですか?」
・「リードメールって集客に使えるんですか?」

といった方は、ぜひ動画講義と合わせてお読み下さい。




●リードメールとは


tumblr_n7yh01HyPI1st5lhmo1_1280

リードメールとは
メールを読んでもらうかわりに、
お小遣い程度のお金を払う広告のことです。


専門のお小遣いサイトがあって、

「何秒読んでくれたら、●●円」
なんていうふうに、会員集めているのです。


ビジネスをしていく僕らは、
会員になって、数十円のお小遣いを稼いだりする……
わけではありません。。


「お小遣いを差しあげる側」にって、集客に使うのです。




●リードメールで読者を集めるには


では、「どうすれば集客できすのか?」ですね。


リードメールでは、
刺激的なことを書いた文面を、用意するべきです。


そして「続きはこちら」のように誘導し、
メルマガ登録を促す必要があります。


したがって、基礎的なコピーライティングを学び、
言葉でお客様を誘導するのが重要になります。


(コピーライティングについては、別途講義で解説します。)



●リードメールはいいのか?


総合的に考えて、
リードメールは集客に使えるのかというと、
メリットと、デメリットがあります。


メリットは、
・「即効性があること」
・「読者1人数10円~数100円で手に入ること」
です。


デメリットは
・「お小遣い属性しか集まらないこと」
です。


結局、リードメールは、
お小遣いサイトにいる人を、狙って集客をするので、
本格的な買い物をする人は、集められません。


はっきり言えば、濃い読者になりにくいのです。


ですから、一長一短ですが、
手段の1つとして、リードメールも覚えておきましょう。




●まとめ


#


・リードメールとは、メールを読んでもらうかわりに、お小遣いを払う広告形式

・お小遣い属性しか集められない

・濃い読者にはなりにくい

・情報発信のジャンルによっては活用できる

・試しに使ってみるのはあり




●今回の課題


#


「リードメールを出すならどんな文面にするか?」
と考えてみましょう。

妄想でも構いません。


アウトプットの習慣をつけましょう。


では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ