インターネットビジネスは儲かる?仕組みと理由を解説する基礎講義

「ネットって稼げるの?」 ビジネス基礎概論Ⅰ


今回は、「そもそもインターネットビジネスとは?」を解説します。

(動画講義はこちらをクリックしてください↑)


・「自分の力で稼いでみたい」
・「給料が上がらないし、いっそ独立したい」
・「何か、資格がいらない副業ないの?」
・「今の生活を変えたい」
・「低リスクで大きく稼げるビジネスを探している」


……などと思っているの方にオススメしたいのが、
インターネットを使って稼ぐ方法です。


ということで、
今回は「インターネットって儲かるの?」
について、解説していきます。


●そもそもインターネットビジネスとは?


ます、インターネットビジネスとは、
文字通り「インターネットでビジネスすること」です。


#



「そのままじゃないですか!」と言われそうですが、
実際、定義は幅広いです。

ブログの広告収入も、ネットショップも、
株やFXなどの投資系も、広い意味では、
インターネットビジネスに当てはまります。


最近では、ブログで数千万円単位で稼ぐ人、
YouTubeで億単位で稼ぐ人などが、
テレビや雑誌でも取り上げられていますよね。


一方で「やってみたけど、稼げなかった」という人もいます。

さて、
「じゃあ、結局インターネットって儲かるの?」
なんて言う方が、いらっしゃるんですが……



例えば、刃物は稼げるか?


ここで1つ、考えてみて下さい。


例えば、
刃物って、稼げるんですか?」
と聞かれたら、あなたはどう答えますか?


#



「えーと、 刃物で何する場合ですか?」
と聞き返したくなりますよね?


料理なのか
大工なのか
銀行強盗なのか


使い方次第で、稼げたり、稼げなかったりするでしょう。

インターネットも、
刃物と同じで「道具」ですから、結局は使い方次第です。

では、どんなことをすれば稼げるでしょうか?



スパイ映画のように稼ぐ?


「ネットで稼ぐ」と聞くと、
スパイ映画の犯罪者のように、

どこかに不正アクセスして、
お金を盗むのを、イメージする人がいます。


#



が、それではただの犯罪です(笑)。

包丁を片手に銀行強盗するのを
「包丁で稼いだ!」
と言いません。


同じように、不正行為で稼ぐことを
「インターネットで稼ぐ」
というのはおかしな話です。


僕がオススメする「インターネットで稼ぐ副業」とは、

人の役に立つことをして、お金をもらう
という、当たり前のビジネスです。


刃物で例えるならば、
「包丁で美味しい料理を作って、代金をもらう」
ような感じですね。


#



ですから、
「ザクザク銀行口座に入金される!不労所得!」
なんて夢物語では、ありません。


……とはいえ、稼げるのは本当です。


個人の、資格や学歴のない素人が、
インターネットという道具を上手に使えば、稼げます。


事実、僕は2014年2月半ばに、
ゼロから1つのブログを作って、
Googleの広告収入だけですぐこれだけ稼げるようになりました。


#

#



作業時間は、一日2時間以下です。

しかもバイトと違って、
昼休みや電車の中など
好きな時間に、好きな場所で作業ができます。

「ホントかよ?」


と思う方は、そもそも
なぜインターネットは大金を稼ぎやすいのか?
考えてみてみましょう。

ポイントは「分身の術」です……。



分身の術が使えたら?



#



忍者漫画に、「分身の術」って、ありますよね。


もし分身の術が使えたら、仕事がはかどると、思いませんか?


例えば、自分が4人いれば、

一人目が、通行人への声掛け
二人目は、来店者への接客
三人目が、商品のお渡し

ということが、できますよね。


そう、このように「分身の術」が使える点が、
インターネットで稼ぐ素晴らしさです。



インターネットで分身!


具体的に言えば、

・ブログ
・動画
・録音音声

といったコンテンツは
一度作ってしまえば、
インターネット上に存在し続けるのです。


これによって、
「何人かに自分が分身した」のと同じ状態になります。


ですから、仕組みを作っていけば、
継続的かつ、爆発的に稼げるわけです。


しかも、記事や動画、音声は、
同時に複数の人に、見せられます。


#



現在、インターネットを使う人は、国内だけでも
9600万人いますから、
理論上は9600万人を、お客さんにできるわけです。


9600万人を相手にしようとも、
自分は一人でコンテンツを
淡々と作っていくだけですから、労力は変わりません


こうした効率化のことを、
「インターネットはレバレッジ(てこの原理のこと)が効く」
なんていいます。


もちろん、9600万という数字は極論です(笑)。


ただ、これだけ分母がいれば、
稼げて当然だと思いませんか?


さらに、インターネットには、

低予算ではじめられる」
24時間稼働させられる」

といったメリットもあります。



低予算で自動化



#



通常、新しくビジネスをはじめるには、
莫大な予算がかかります。


例えば、
僕の父親はバーを経営しているのですが、

こうした
飲食店は家賃水道光熱費だけでも、
毎月100万円近くかかります。


かなり節約しても、50万円程度は必要なのです。


そのわりに、
実店舗のビジネスは、開店時間閉店時間があります。

閉店している間は、1円も売上が立ちません。


その点、インターネットは強いのです。



#




まず、


・ブログ
・メールマガジン
・SNS


などなど……
ビジネスに使う媒体が、低予算で使えます。

最初は、無料ブログでもかまいません。

本格的にビジネスをしていくにしても
数千円~数万円


起業しても費用がかからないのです。


しかも、
サイトは、24時間稼働します。


つまり、あなたが寝ている間にも、
利益が増え続けるのです。


まとめ


まとめると、


・「インターネット=儲かる」ではないが、稼ぎやすいのは事実

・稼げる理由1「人がたくさんいる(9600万人)」

・稼げる理由2「低予算ではじめられる(無料でも可)」

・稼げる理由3「24時間自動で稼働する」


ということです。


ご理解いただけたでしょうか?


「わかったけど、具体的にどんな方法があるの?」


と、聞かれてしまいそうですね。


そうした稼ぐ方法の種類の話は、
次の記事で解説していきます。


次の記事はこちら「【Q&A】インターネットビジネス初心者にありがちな質問と回答


※インターネットビジネスの初心者向けの記事の一覧はこちら↓
インターネットビジネスで稼ぐ方法の基礎知識 初心者用講座一覧

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ