バックエンド商品の意味とは?ネットビジネスでの事例と作り方

●ファン向けの上級商品~


今回の講義では、
「バックエンドとは?」について、解説します。


・「バックエンドって何ですか?」
・「バックエンドってやっていいの?」



といった方はぜひご覧ください。




●バックエンドとは?


SplitShire-0369-800x500

バックエンド商品とは、
フロントエンド商品の後に発売する商品やサービスです。


以前別途講義で解説した
客寄せのためのフロントエンド商品とは違い、
利益を出す目的で売る商品です。

※フロントエンドについての講義はこちら
フロントエンド商品の意味とは?ネットビジネスでの事例を解説


世間には、バックエンドが、
「ずるいものだ」と思っている人が
いらっしゃるようですが、それは誤解です。


マーケティング上、フロントエンド商品では、
ほぼ利益がゼロですから、バックエンドを発売しなければ、
ただのボランティアになります。




●「どう利益を出すのか?」


当たり前ですが、ビジネスは利益を出す必要があります。


ところが、

・ブログは無料
・話題作りのプレゼントも無料
・客寄せ商品は利益なし


と考えていくと、
情報発信は、序盤はずっと利益ゼロでやっています。


したがって、「ビジネス」にするには、
バックエンドが必須になるのです。




●実は身近なバックエンドの仕組み


実は、このバックエンドの仕組みは、
身近なところにもたくさんあります。


例えば、テレビの通販番組で
「赤字覚悟!高級まくらが半額!しかもオマケ付き!」
のように売っていることがありますよね。


ああいった格安通販が、なぜ成立するのかというと、
その商品自体では、儲ける気がないからです。


つまり、「まくら」は本当に赤字覚悟で売るのですが、
後に「高級のふとん」や「高級のパジャマ」を、
購入者向けに販売し、そちらで利益を出しています。


この場合は、ふとんやパジャマがバックエンドなのです。




●バックエンドはどんな商品にすべき?


では、インターネットビジネスでのバックエンドは、
どんな商品にすべきでしょうか?


もちろん正解はないのですが、
情報発信の場合はHow(どうやるのか)の部分を
深く詳しく解説するコンテンツの販売が王道です。


このHowというのが、
バックエンド商品の作り方のコツですね。


たとえば、株式投資についての講師をする場合。

株式投資をやるには「何をするべきか?」は、
無料ブログで公開します。

そして、儲けるのは「どうするべきか?」を、
個別具体的に解説するのが、有料という事例が多いです。


・直接コンサルティング
・限定コミュニティ



なども用意して、
本当に価値のあるサービスにする事例が好評ですね。


単発で終わると意味がないので、
リピーターも確保できる良質なサービスが必要です。




●バックエンドの販売で・・・


バックエンドを販売すると、
ようやく利益がとれます。

そして、一気に利益が数100万円の世界になるのです。


ここが、インターネットビジネスの
素晴らしいところですね。

マーケティング次第で、「億」がありえます。

バックエンドが成功すると、
それ自体が実績にもなるので、
さらに上のステージを目指しましょう。




●まとめ


#


・利益を出さなければビジネスにならない

・客寄せはフロント、利益はバック

・メルマガのDRMにバックエンドは必須

・「HOWのコンテンツ」や「コンサルティング」
「コミュニティ」の販売が王道




●今回の課題


#


「バックエンドってやっていいのもなの?」

と思っていた過去の自分に
手紙を書いてみましょう。


では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ