ランディングページの意味とは?オプトインやスクイーズとの違い

●見込み客を誘導するページ


今回の講義では
「ランディングページとは?」について、解説していきます。

・「ランディングページってなんですか?」
・「ランディングページは作らないといけませんか?」
・「ランディングページのポイントは?」



といった方は、ぜひご覧ください。





●ランディングページとは?


ランディングページ

ランディングページとは、
見込み客を誘導するページです。


分かりやすく言えば、メルマガの場合は、
登録して下さい」と促すページですね。


オプトインページとか
スクイーズページとも呼びます。




●ランディング、オプトイン、スクイーズの違いは?


厳密に言えば、オプトインは「登録」
スクイーズは「絞る」
ランディングは「着地」という意味です。


ですから、微妙にニュアンスが異なり
それぞれ、

オプトインページ→「登録してもらうページ」
スクイーズページ→「見込み客の種類を絞るページ」
ランディングページ→「見込み客を着地させるページ」


といった意味になります。


ただ、ようするにお客様を
見込み客化するためのページなので、実質同じものです。




●ランディングページは必要?


さて、情報発信のビジネスで、
ランディングページは必要なのかと言うと、
ずばり、必要です。


専用のページを用意しないと、
なかなかメルマガ登録してくれる人は、現れませんので。


特に、SNS集客や無料レポート、
知人の紹介があった場合に、ランディングページが活躍します。


ランディングページに見込み客を誘導するだけで、
読者が増える仕組みが作れるのです。


もっともブログの場合は、
ランディングページなしの方が、
読者が増えることもあります。


ですので、例外もあるのですが、一定の確率で
「訪問者」が「読者」に変わる魔法のようなページなので、
まずは作っておきましょう。




●ランディングページのポイントは?


ランディングページは、
コピーライティングスキルを使って作ります。


詳しくは、コピーライティングに関しての
別途講義を見ていって下さい。



●ランディングページのポイント


ランディングページは、
複数用意した方がいいです。


主に「初心者向け」と「マニア向け」のページを、
2つ作る必要があるからです。


初心者にもマニアにもウケるページは、
なかなか作れません。


どちらも、初対面の方に
好かれそうな言葉を使いましょう。


動画や画像を埋め込むのも効果的です。


さらに、文面や画像を変えて、
反応をテストしてみましょう。


日々改善し続けることで、
ファンができやすいページにしていくのです。




●良質なランディングページができると


良質なランディングページができると、
訪問者が来る度に、一定の確率でファンが増えます。


自己紹介がしやすくなりますし、
様々なツールやメディアの効果を最大化できます。


コピーライティングスキルもつくので、
ランディングページはぜひ作ってみて下さい。




●まとめ


#


・ランディングページとは、メルマガ登録等を促すページ

・コピーライティングスキルや画像、動画を使って、魅力が伝わるページを作る

・複数用意して、使い分けること

・テストを繰り返し、改善する

・反応の取れるランディングページを作り、
「訪問者」を「読者」に変えていく




●今回の課題


#


「ランディングページって何?」

と思っていた過去の自分に、
手紙を書いてみましょう。


では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ