フロントエンド商品の意味とは?ネットビジネスでの事例を解説

●ファンを作る客寄せ商品~


今回の講義では、
「フロントエンド商品」について、解説していきます。


フロントエンド商品は、インターネットビジネスに限らず、
あらゆるビジネスで応用できるマーケティングの手法です。


よく知らないという方は、
ぜひ動画講義と合わせて、お読み下さい。





●フロントエンド商品とは?


tumblr_mzzqxabKjH1st5lhmo1_1280

フロント商品とは、
見込み客を集めるために発売する商品です。

いわゆる「客寄せ商品」だと思って下さい。

「フロントエンド商品は作らないとダメなのか?」

というと、なくてもビジネスはできますが、
やった方がいい戦術だと言えます。

なぜなのか?

解説していきますね。




●なぜフロントエンドは有効?


なぜフロントエンドが有効なのかと言うと、
いきなり高額の商品を販売しても、
なかなか売れないからです。


かといって、
中途半端な価格の商品を発売しても、
利益が小さいですよね。


ならば、集客を目的に、
「利益ほぼ0円」の商品を出してしまった方が、
いいというわけですね。


ファンが増えますので、その後が有利になります。




●無料プレゼントとの違いは?


フロントエンド商品は、
ほぼ利益0円なのですが、「無料プレゼント」とは違うものです。


あくまで有料なので、一応が売上が立ちます。


ですから、その売上を広告費や、
次の商品の開発費に回せます。


また、お客様の意識も違います。


「無料プレゼント」だと、
「どうせ無料だから、大したものじゃないだろ?」
と、中身を見てもらえないものです。


一方、有料商品ならば、真剣に中身を見るものです。


ですから、ファンを増やすことができるのです。




●インターネットビジネスでは


インターネットビジネスの場合、
フロントエンド商品というと、


・動画
・音声
・PDFマニュアル
・ツール
・テンプレート
・アプリ



などを1000円~10000円くらいで売る事例が多いです。


たくさん売る必要があるので、
大衆受けする演出で売ります。


中身は、what(何をすべきか)の
コンテンツが多いです。


例えば、
「英語をマスターするには、何をすればいいか?」
みたいな教材などですね。


フロントエンド商品は、
ファンを増やすのが目的ですので、
当然ながら、良質なものを作ります。


そして、購入者が全員、
自動でメルマガに登録される仕組みにしておき、
濃い読者にするのです。


その語、利益を回収する「バックエンド商品」を、
売っていくことにします。

(詳しくは別途講義で解説します。)




●ちなみに


ちなみに、
「フロントエンドを作ったら、
次に売るものがなくなるのでは?」


と言う初心者が多いのですが、
それは実力がないから起きる現象です。


専門家であれば、フロントエンド商品よりも、
さらに、良質な高い高額商品を用意できるものです。


それができるくらいの実力を、
身につけていきましょう。




●良質な「客寄せ商品」が用意できると


良質なフロントエンド商品は、
確実にファンを増やせます。


口コミも起きやすくなるので、
なるべく用意しましょう。




●まとめ


#


・いきなり高額商品は売れない

・ファン獲得には、フロントエンドマーケティングが有効

・利益の出ない「客寄せ商品」を作る

・集客に全力を注ぐ戦術

・コンテンツの場合は「What」について、
 「大衆受けの切り口」で売るのが王道




●今回の課題


#



「自分がフロントエンド商品を作るなら?」
と考えてみましょう。

妄想でも構いません。

自分なりに行動計画を立てる習慣をつけましょう。


では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ