トレンドブログの記事タイトルの付け方!文字数とキーワードの入れ方

●記事のタイトルの付け方


前回は、トレンドキーワードの選び方について解説しました。

今回は、そのキーワードを使って、
「記事タイトル」を決める方法を説明していきます。


稼げるかどうかに直結する部分なので、
ぜひ、繰り返し講義をご覧ください。



※ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法の記事一覧はこちらです↓
ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法まとめ一覧 初心者講座



●記事タイトルとは?


dpzDUkJrTHb71Yla1EzF_IMG_4098

記事タイトルとは、
「1つの記事のタイトルのこと」です。


たまに、
「ブログタイトル」と勘違いする人がいるのですが、
「ブログタイトル」はブログそのものの題名ですよね。


そうではなく1つ1つの記事の、
タイトルが、トレンドブログでは重要になります。




●なぜ記事タイトルが重要?


なぜ記事タイトルが重要になのでしょうか?


それは、トレンドブログが、

「記事タイトルに、
トレンドキーワードを入れることで、
1記事1記事を検索に引っかかるようにする」

という手法だからです。



ブログのトップページを上位表示させるのではなく、
個別の記事を、別々のキーワードで上位表示させます。


そんな検索エンジンでの記事の上位表示には
「記事タイトルに、キーワードが入っているか」
が大きく関わっています。


タイトルにトレンドキーワードを入らないと、
なかなか検索で上位されないのです。


例えば
「花子 脱退 理由」で検索したとしましょう。


その際、『なんと花子が旅立ちか!?』
などというタイトルの記事は、
全然、検索結果に表示されません。


一方、
『花子の脱退の理由!』
というタイトルの記事であれば、
非常に検索に引っかかりやすくなります。


このように、トレンドキーワードを、
素直に記事のタイトルに入れていく必要が、あるのです。





●具体的な記事タイトルの付け方


では、具体的な記事タイトルの付け方を、
説明していきます。


・1.最重要キーワードを左端にいれる

・2.複合キーワードを順番そのまま投入

・3. 助詞や記号で繋ぐ

・4.タイトルは27文字~32文字まで

・5.勝てないキーワードは外す


この5ステップで、記事タイトルを決めます。




●1.最重要キーワードを左端にいれる


まずは、最重要キーワードを、
一番左側に入れるのが重要です。


例えば、こんなニュースがあったとします。

「花子がXグループを脱退。
花子には元夫との隠し子がいた。
脱退は隠し子スキャンダルのせいか? と話題」


このニュースに関して、
まずは上位表示できそうな
キーワードを探していきます。


「花子 脱退 理由」
「花子 脱退 原因」


このように見つかったとしたら、
必ず記事タイトルを「花子~」からにして下さい。


「ついに花子が~」のように、
別の言葉から始めない方が、アクセスが増えやすいのです。





●2.複合キーワードを順番そのまま投入


続いて、複合キーワードを順位を変えずに、
記事に盛り込んでいきます。


例えば、
上位表示できそうな複合キーワードが、


「花子 脱退 理由」
「花子 脱退 子供」
「花子 子供 年齢」
「花子 子供 性別」

だったとします。

その場合は、「花子」の次に「脱退」がきて、
その次に「理由」や「子供」が並ぶ
というように、順番を変ないようにタイトルにします。


一例を挙げると、こういう感じです。

「花子 脱退理由は隠し子!元夫の子供の性別と年齢は?」


検索エンジンでは、キーワードの順番を変えると、
また別の検索結果になったしまいます。


下手に順位を変えると、上位表示しにくくなるので、
上位表示を狙う複合キーワードの並び順は、
そのままにするようにしましょう。





●3. 助詞や記号で繋ぐ


次に、並べたキーワードを、
助詞や記号だけで繋いでいって下さい。


ポイントは、「余計なキーワードを入れない」
ということです。


例えば、これは駄目な記事タイトルです。
「花子さんの脱退理由は、まさかの隠し子なの? 」

「花子『さん』」とか『まさか』とか
『なの?』という、検索に関係ない言葉が多いので、
そのせいで検索順位上位がとりにくくなります。


極端な話、記事タイトルは
「花子 脱退理由は隠し子?」
くらいで良いのです。


余計な言葉を省いた方が、
上位表示しやすくなります。

「は」「が」「を」「!」「?」などで
記事タイトルを作っていきましょう。


ちなみに、だからといって
「花子!脱退?理由は?隠し子?」

など意味不明なタイトルにすると、
それはそれで、後々検索順位が落ちます。


読み手にも不親切ですから、
あくまで日本語として、意味が通じるようにして下さいね。




●4.タイトルは27文字~32文字まで


次に、検索結果に反映される文字数の限界まで
キーワードを使って、
記事タイトルを長くしましょう。


現在、Googleでは27文字、Yahoo!では32文字、
記事タイトルが表示されます。


複数のキーワードで上位表示できるように、
32文字近くまで、タイトルを長くしていくといいですね。


例えば、

「花子 脱退理由は隠し子!元夫の子供の性別と年齢は? 」
だと、26文字しかありません。


もっとキーワードを増やして、
「花子 脱退理由は隠し子!元夫の子供の性別と年齢は?○○と××も! 」
のようにします。


すると、「花子 ○○」や「花子 ××」で検索したときも、
検索に引っかかるので、アクセス数が増やせるのです。




●5.勝てないキーワードは外す


ここまできたら、
今一度、ライバルに勝てなさそうなキーワードが
混ざっていないかチェックします。


例えば、冷静に見てみたら、
「花子 脱退 隠し子」では、ライバルサイトが多すぎて、
上位表示できそうにない、という場合。


「花子 脱退理由は隠し子!元夫の子供の性別と年齢は?○○と××も! 」
の中から、
「隠し子」は外してしまった方が良いのです。


どんなにニュースの主題が「隠し子」であっても、
検索順位で上位をとれないなら、
それはムダな言葉です。


ムダな言葉があると、
上位表示しにくくなりますから、

「花子の脱退理由は?元夫の子供の性別と年齢は?○○と××も!」

のように、削ってしまいましょう。




●整理


ここまでで決まったタイトルを、
整理してみます。

「花子 脱退理由は?元夫の子供の性別と年齢は? ○○と××も!」

これで30文字ですが、


「○○と××も!」」
に何も当てはまっていないので、
ここに入れられそうな、キーワードを増やします。


キーワードを増やすときは、
日常的に検索され、
上位表示できそうなキーワードを探します。


大流行していないキーワードでも、
毎日一定のアクセスが集まる言葉であれば、
ちまちま稼げますからね。


例えば、こういう形が記事タイトルの完成形です。

「花子 脱退理由は?元夫の子供の性別と年齢は?年収と出身学校も!」




●ベテランは・・・


ちなみに、トレンドブログのベテランは
記事タイトルに、「興味を惹く単語」も入れています。


・「~の噂」
・「~の真相」
・「~裏側!」
・「~まとめ」

など面白そうな言葉を付け、
言葉の言い回しも自然になるように整えます。



ただ、「初心者はそこまでしなくて良い」
というのが、僕の考えです。


キーワードを選んで並べるだけでも、
初心者にとっては、大変なもの。

最初からそれ以上を求めるのは、
ハードルが高すぎると思うのです。


もし基本作業に慣れたら「面白そうなタイトル」
「より日本語として自然なタイトル」にも挑戦してみて下さい。


※ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法の記事一覧はこちらです↓
ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法まとめ一覧 初心者講座



●まとめ


#


・タイトルで上位表示の命運が決まる

・1.最重要キーワードを左端にいれる
・2.複合キーワードを順番そのまま投入
・3. 助詞や記号で繋ぐ
・4.タイトルは27文字~32文字まで
・5.勝てないキーワードは外す




●今回の課題


#


今回の課題は、
「実際に、トレンドキーワードを探して、
タイトルをつけてみましょう。」です。


実際に、手を動かす習慣を身につけましょう。

では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ