トレンドブログのキーワード選定のコツ!ずらしやライバルチェック

●稼ぐためのキーワード選びについて


前回は、ブログで稼ぐための
トレンドキーワードとは何なのかを解説しました。

今回は、実際のトレンドキーワードを、
選んでいく方法を解説していきます。

「トレンドキーワードってどう選ぶんですか?」

という方はぜひ最後までご覧下さい。



※ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法の記事一覧はこちらです↓
ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法まとめ一覧 初心者講座



●トレンドキーワードを選ぶには?


118

では、トレンドキーワードの選び方を
今回は以下の4つの順番で説明します。

・1.直球ではダメ

・2. 競合チェック

・3.「ずらす」必要性

・4.「ずらす」ためにはどうするか?






●1.キーワードは直球ではダメ


まず、前提として覚えておくべきなのは、
「直球ではダメ」ということです。


なぜなら、直球のキーワードは、
十中八九、すでに大手サイトが書いているからです。


例えば、

ゲームの「ドラクエ」が発売した日に

「ドラクエ 発売日」

などというキーワードを狙っては、いけません。


「発売日」の情報くらい、
公式サイトや、大手ニュースサイトが、
すでに書いています。


そういった大手サイトを差し置いて、
僕ら個人レベルのブロガーが、
検索順位上位を取るのは、不可能です。


ですから、
大手ライバルサイトがすでに書いているような、
直球のトレンドキーワードは、
選ばないようにしましょう。






●2. 競合チェック


SplitShire_IMG_4354

では、そうした「ライバル」がいるかどうかを、
どうしたら調べられるのでしょうか?


初心者は、
「ライバルがいるかどうかが分からない」

と思うかも知れませんが、とても簡単に
ライバルの存在を調べる方法が、あります。


それは、トレンドキーワードの候補を、
自分で実際に検索してみることです。


当たり前のようですが、
自分で検索してみた時に、
他人がすでに書いていたら、上位表示しにくいです。





●競合チェックの具体的な方法


ライバルをチェックするときは、
以下のようにしていきます。


まず、トレンドキーワードの候補を、
自分で検索してみます。


すると、検索結果がたくさん表示されますね。


その際に、ライバルサイトの記事のタイトルに
狙うキーワードが全て入っていたら、
ライバルがいる、ということになります。


具体例を挙げると、
「小原正子 結婚」と検索すると、

「小原正子 結婚」が記事タイトルに入った
ライバルサイトが、たくさん出てきます。

「これは勝つのが難しそうだ」
というふううに判断していくのです。





●さらに深い競合チェック


もし、ライバルが多少いたとしても、
自分の方が検索順位上位を取れそうであれば、
記事を書いても問題ありません。


「自分の方が上位を取れそうかどうか」は、
実際に、ライバルのサイトを見てみて、判断します。


上位のサイトを

・ブログか、本格的なHPか?
・ページ数が多いか?
・運営期間は長いか?
・アクセス数は多そうか?


といった視点で、見てみましょう。


ライバルとはいっても、
個人のブログで、記事数が少なければ、
自分が上位を奪い取ることは簡単です。





●3.「ずらす」必要性


056

「どこもライバルだらけで、
トレンドキーワードが見つからない」

という場合は、どうしたらいいのでしょうか?


トレンドキーワードを探し、
選ぶ時に必要なのが「ずらし」という考え方です。



これは、大衆が「次に知りたいこと」に
ずらして記事を書くというものです。


例えば、
「ある芸能人が結婚した」というニュースがあった場合。


直球で「○○ 結婚」という
トレンドキーワードを選ぶのではなく、

「○○ 夫 職業」のように、
ニュースに関連しているものの、
少しずれたキーワードを選ぶのです。


結婚したことを知った芸能人のファンは、


「結婚相手はだれだろう?」
「夫の性格はどうなんだろう?」
「家事はできるのかな?」

「太ったって本当?」
「年収は?」
「夫の職業は?」

「結婚式は?」
「住んでる場所はどこ?」
「交際何ヶ月だったの?」

のように、色々な疑問を持つものです。


すると、この疑問を解決したくて、
検索エンジンで検索をします。


そこを狙って、
アクセスの集まるキーワードを選ぶのです。


ずらしたキーワードであれば、
まだ大手サイトが書いていないものが、
たくさん見つかります。


大手サイトが書いていないのであれば、、
検索エンジンで上位表示しやすいので、
稼げるキーワードになります。





●4.「ずらす」ためには?


ずらしが重要だと聞いても、
「どうやって、ずらしたらいいの?」
と思うでしょう。


そんな時は、以下の3つのうちの、
どれかの方法を使って、
ずらしてみて下さい。

・難易度低:関連キーワードでずらす

・難易度中:類似例を参考にしてずらす

・難易度高:自分で考えてずらす



順番に、説明していきます。




●難易度低:関連キーワードでずらす


検索エンジンには、
予測検索のようなものがありますよね。

(正式には、サジェストキーワードといいます)

これを見ながら、ずらす方法があります。


予測検索になっているキーワードは、
多くの人が、すでに検索しているキーワードです。


このキーワードを見ていけば、
一定の需要があるキーワードが見つけられます。


Yahoo!であれば、虫眼鏡キーワードも使えます。

検索数の多いキーワードをたくさん抽出する
無料ツールもあるので、
そういったツールを利用するのもいいですね。


ただ、関連キーワードは、
ライバルも似たような記事を
すでに書いていることが多いです。


ですから、関連キーワードだけに頼ると、
大きく稼ぐのは難しいです。




●難易度中:類似例を参考にしてずらす


関連キーワードに頼らずに、
トレンドキーワードを探す時は、
「類似例を参考にする」という方法が使えます。


これは、過去の似たような事例を参考にして、
トレンドキーワードを、
探しだすというものです。


例えば、
「妖怪ウォッチの映画が放映決定」
というネタから、記事を書いていく場合。


映画の放映が発表された直後には、
まだ関連キーワードが、あまり出てきませんから、

関連キーワードに頼っていると、
「キーワードが見つからない!」
と困ってしまいますよね。



ですが、「妖怪ウォッチの類似例」を
考える視点があれば、解決できます。


というのも、
妖怪ウォッチの映画が初放映だとしても、
他の子供向け映画は、過去にもあったわけですよね。


したがって、
例えば「ポケモン」の映画が放映された時のことを、
遡って調べてみればいいのです。

どんな反響があって、
どんなキーワードが検索されたのかを、分析しましょう。


「妖怪ウォッチ」にも応用できそうなキーワードが、
たくさん見つけられるはずです。


これは、少し難易度が高いですが、
上手くいくと、爆発的にアクセスが集められます。


例では「妖怪ウォッチ」を挙げましたが、
女優でも家電でも、何でも応用できるますので、
ぜひ、やってみて下さい。




●難易度高:自分で考えてずらす


最後に、一番難易度が高いのが
「自分の頭で考える」というずらし方です。


例えば、ニュースに

「結婚する小原さんは、経営する飲食店で、
結婚相手と出会った…」


と書いていた場合。


この芸能人を気にしている人であれば、

「経営する飲食店って、どこなんだろう?」
「美味しい店なのかな?」

などと考えることが予測できますよね。



ですから、
「小原正子 店 場所」
「小原正子 店 評判」
「小原正子 店 味」

といったキーワードを狙って記事を書くと、
アクセスが集まる可能性があります。


頭を使う分、ライバルと差を付けられるので、
「自分で考えてずらす」ことも
マスターしていきましょう。





●勝てるキーワードがない時



上で説明したコツを使っても、
ずらしたトレンドキーワードが
見つからないときもあります。


そういう場合は、
キーワードを「足す」というのも手です。


例えば、
「小原正子 結婚」を

「小原正子 結婚 記者会見」と足しり

「小原正子 結婚 記者会見 場所」
と足すなどです。


このように複合キーワードを増やしていくと、
「4語で検索したら上位表示できた」
など、限定的ではあるものの、
上位をとることはできます。





●とにかくいろいろ書いてみる


ということで、今回は長々と、
トレンドキーワードの選び方について解説してきました。


一度には覚えきれなかった部分も、
あるかも知れません。


ですが、そんな時こそ
「とにかくいろいろ書いてみる」
というふうにしてみて下さい。


「完璧に理解してからやろう」
「完璧に上位表示できそうなものを選ぼう」

とこだわっていると、
作業が全然進みません。


どんどん、挑戦しましょう。


トレンドブログに、
失敗のリスクはありません。


アクセスが集まらなくても
また別の記事を書けばいいだけです。


積み重ねがチャンスに繋がるので、
書くか迷ったら書くようにして下さい。





●検索エンジンは複雑


「どんどん、挑戦しましょう」
というのは、単なる精神論では、ありません。


実際に、

「挑戦してみたら、なぜか上位表示できて、
なぜか爆発的に稼げた」

ということが起きるのです。



というのも、
現在の検索エンジンは、非常に複雑な仕組みになっています。

色々な要素が絡み合った結果、
なぜか、個人のブログなのに、
大手サイトより上位表示できることもあります。


知らぬ間に特定のキーワード強くなって
上位表示できるようになったりもします。




また、「フィーバー状態」という現象も起きます。


「フィーバー状態」とは、
一度ブログに大量のアクセスが集まりはじめると、
一定時間、ブログの順位が全体的に急上昇することです。

僕が作った言葉なのですが、
アクセスが大爆発する現象なので、
これが起きるとラッキーです。


意図して起こすことはできませんが、
根気よく作業を続けたら、
たまにフィーバー状態も起きます。


それまで、記事を書き続けましょう。


※ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法の記事一覧はこちらです↓
ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法まとめ一覧 初心者講座



●まとめ


#


・トレンドキーワードは直球キーワードではダメ

・「大衆が次に知りたいこと」にずらしていく

・ずらし方には、「関連キーワード」
 「類似例の応用」「自分で考える」の3つの方法がある

・検索エンジンは複雑なので、悩むより
 書いてみるのが大事




●今回の課題


#


今回の課題は、
「実際に、トレンドキーワードを探して、選んでみましょう。」
です。


実際に、基本作業をしてみましょう。

では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ