有季がネット副業をする理由 ~50万の督促状から~

2016年追記:当記事は、リニューアル前の学生時代に書いたものです。
現在の状態とは異なっています。


●はじまりは50万円の督促状


それは、大学に入って半年が経った10月のこと。


北海道の秋って雨が多いんですが、

この日も例によって雨でした。


空がとても暗かったのを覚えています。


そんな、気分の暗くなる日に、

もっと気の滅入ることが起きました。


ポストにこの手紙が入っていたのです。




【督促状】

下記の授業料が未納となっております

(中略)

期日までに納入がない場合は、除籍の対象となります。

合計 486000円


お分かりいただけますか?

……そうです。


「456000円払えないと、お前は退学だ」

と、大学に言われたのです!


驚愕。

あせりました。


「せっかく合格した大学がら除籍されてしまう」

胃が重たくなったものです。



●40万円は貯めたのだが…!


もちろん、知ってはいたんです。

払えていないのは自分自身。


大学に入学する前は、

「頑張ってバイトすれば学費くらい払える」

「半年で50万ずつなら余裕なはず」


そう信じていたものの、

いざやってみたら難しい。


一人の学生が、半年で50万円を貯めるつらさ。


遊ぶ時間を削って働くつらさ。


年間最低100万円を払うつらさ。


想像以上でした。


結局、バイトで稼げたのは半年で40万円。


半年50万は成し遂げられず、

納期に払うことが出来ない……。


ともあれ、水道料金のように、

「きっと一定期間の支払い延滞は、認められるのでは?」

と甘く考えていました。


もう少しで50万円に到達するので、

ギリギリ間に合うと思い込んでいたんです。



●しかし、現実は厳しかった。


督促状に記された日時は、二週間後でした。


つまり、間に合わないのです。


「なぜバイトの給料日まで待ってくれないんだ」

と思ったものの、それは身勝手な願望。


本来の期限は過ぎています。

悪いのは自分。

自業自得。


「でも、退学は嫌だ……」

仕方なく、親戚に頭を下げて、

大金を借りました。




「バイトで絶対返します!」

そう告げながら、震える手。


自分が情けなく思えたものです。

「でもあんた、半年後も支払いがあるんだよ?」

不信な表情で、親戚のおばさんがこちらを見ます。


「払えるの? 大学辞めた方が良いんじゃないの?」

怪訝の色を宿した視線。


しかし、それでも私は言いました。

「大学には通いたい。なんとかして払う」

この大学に入学するのが、ずっと念願だったのです。


「大学で行動科学と経営学を同時に学び、ビジネスに活かす」

その夢を、諦めてなるものかと思いました。


そして私は、決意しました。

死に物狂いで働く、と。



●バイト! バイト! バイト!


・アウトドア用品の販売のバイト

・スーパーの品出しのバイト

・カミソリの推奨販売員のバイト

・サロンの勧誘のバイト

・ロボット工作教室の講師のバイト

・外壁工事の契約のバイト

・ネット広告の営業のバイト

・ティッシュ配りのバイト

・年賀状の作成のバイト

・着ぐるみのバイト

・カメラの販売のバイト

・チラシ配りのバイト

・新生児用品店のバイト

・家庭教師

・コンビニの深夜バイト

・倉庫の作業勤務

・イベントの設営作業のバイト

などなど……。


正直もう全部は覚えていません。

掛け持ちで、とにかく沢山バイトをしました。


3つの長期バイトを継続し、短期バイトを複数こなす感じです。


毎日別の店舗を駆けまわり、

時には肉体労働をやり、

目が疲れるデスクワークもする。


そうすれば、学費は払える計算でした。

ただ、言うまでもなく、モチベーションは維持できません。


周りの学生は、両親に学費を払ってもらって、遊び歩いています。

バイトもせず、3万円ものお小遣いを貰っている学生も多いキャンパス。


「なぜ自分だけ、こんな苦労をしているんだ?」

そんな疑問が浮かびました。


お金が無い。

時間もない。

自ら決断した道とはいえ、自由と呼べるものは何もないのです。

この状況を変えなければいけないと思いました。



●もっと効率的に稼ぎたい!


「世の中にはきっと、もっと簡単に稼げる方法がある」

そんな気がしました。

いえ「気がした」ではありません。


「あるに違いない」

と確信するようになったのです。


なぜなら、世間には数億円を稼いでいる人がいます。

そういう人たちが、自分より何千倍も忙しいようには、見えないのです。



そこで、インターネットで稼ぐ方法を調べ始めました。

「楽 稼ぐ インターネット」

みたいなキーワードで検索したのです。


パソコンという魔法の道具を使えば、

ドラえもんに助けてもらうように、一瞬で稼げるのではないか。

そう思いました。


よく「ネットで楽して100万円!」とか、聞きますよね。

広告を見かけますし、本屋にもそういう雑誌があります。


ただ、結論から言えば、楽に稼ごうとしたのは、間違いでした。

ネットビジネスに成功した今だからこそ、断言できます。


「稼げる方法」はたくさんあります。

ですが「楽して稼ぐ方法」は、ありません。


どうしてか?

それは……



●稼げなかった経験


私の稼げなかった経験をお話すれば、

「楽して稼ぐ」という幻想の正体が分かるでしょう。


そして、努力してネットで10万円以上稼げる「事実」の存在も、

理解出来ると思います↓



●稼げなかったポイントサイト

私はまず、ポイントサイトというものを知りました。

どういうものかと言うと、仕組みは簡単です↓


1.色んなサイトに登録したり、広告をクリックしたり、資料を請求する

2.すると、ポイントが貰える。

3.そのポイントが、商品券と交換出来る。


シンプルですね?

で、「これは楽だ」

と思ってやってみたのですが、はっきり言って、ダメです。


毎日数分間、ちまちまやっても、報酬は月に2000円ほど。


「2000円でも良いじゃん!」


と思うかも知れませんが、時間帯効果を考えてみて下さい。

時給換算すると、毎時300円もないんです。


それならバイトした方がマシです。

「こんなこといたら、また学費が未納になる」

そう思うと、背筋が寒くなりました。



●稼げなかったキーボード打ち込み



続いて、キーボードの打ち込みに挑戦。

決められた画像の文章を、キーボードで打つ作業なんですが、

これはバイトと変わりません。


疲れるし、給料も高くない。

個人的には、接客のバイトの方が、むしろ楽しいですね。


一人でカタカタ打つだけなので、お客様に喜んでもらう達成感もありません。



●二つの経験から悟る!

さて、この二つの手法はそこそこ楽なんですが、稼げませんでした。

だから考えてみたのです。


部屋で一人で、机に座って、腕を組みました。


・なぜバイトは大変なのに稼げないのか?

・なぜ楽なポイント集めは、稼げないのか?

・どうやってお金持ちは効率よく儲けているのか?


そんな、考えても仕方ない現実を、あえて分析してみました。

そして、気が付いたのです。

「ああ! そういうことか!」



●自分は、役に立つ人間か?


「お客様の役に立てた大きさと、貰えるお金の量は同じ」

当たり前かも知れませんが、私はこの事実を理解したのです!


馬車馬のように働いても意味が無い。

苦労すれば稼げる訳ではない。


だって、お金持ちは、そんなことしていませんよね。

涼しい顔で稼いでいる人もいるんです。


ただし、お金持ちは疲れる労働はしませんが、人に必要とされています。

例えば、

大ヒット商品の発明家は?

→ 全世界の人の生活を便利にしている

世界的なミュージシャンは?

→ 何万人ものファンに素敵な音楽を提供する


大企業の経営者は?

→ たくさんの従業員の生活を支え、膨大な顧客にサービスを提供している


というように、お金持ちは、多くの人の役にたっています。

その点、これまでの私はどうだったでしょう?


バイトをする

→ せいぜい数十人の人の仕事を、手伝うだけ。


ポイントサイトでお小遣い稼ぎ

→ ポイントサイト関係者と一部の広告主の役に立つだけ。


キーボードの打ち込みでは

→依頼人の作業をサポートするだけ。


規模が小さすぎたのです。

逆に言えば、これを改善すれば、稼げると分かりました。


そこで「たくさんの人の役に立つ手段」として、インターネットを使いはじめたのです。

「絶対に学費の50万円は稼げる! 自由な時間も手に入る!」

作業をする前から、成功する確信がありました!



●みんなを巻き込め!


あなたは今、私の書いた文章を見ていますよね。

この事実が、インターネットの素晴らしい所なんです。


なぜなら、私とあなたは、遠く離れた場所にいます。

それなのに、こうして情報を届けることができる。


この「遠くの人に話しかけれれる」というネットの特性を使えば、

さきほど例え話に出した

・発明家

・ミュージシャン

・大企業の経営者

と、同じようなことができます。


つまり、何億人もの人の役に立てるのです。

1万人以上の人を巻き込めば、報酬なんて自然に発生すると思いませんか?


「これはすごいことに気が付いた!」

私はすぐさまブログを立ち上げ、広告を掲載し始めました。

広告ばかりだと「何億もの人間の役に立つ」という目標を達成できないため、

きっちり役立つ情報も書き込みました。

すると、見てください!

Google-Adsense-07-2013Google-Adsense-ashitahamotto

2014年6月16日






●できるじゃないか!


ポイントサイトのような、ちまちました「作業」ではなく、

多くの人の役に立ちながら、ネットで稼ぐことは可能!


初報酬を手にした私は、ネットビジネスに本腰を入れ始めました。

バイトを家庭教師1本にして、他のバイト全てに辞表を提出。


空いた時間を、パソコンでの作業にあてたのです。

設備投資のつもりで、パソコンの機材も増やし、環境を整えていきました。

現在は、部屋がこうなっています。



快適なビジネス空間です。


さて、50万円稼ぐためには、もっとたくさんの人と接点を結び、

何万人ものお客様を相手にしなければいけません。


そこで、無料メールマガジンも始めました。

同時に、連動するブログも構築。

それがこのサイト「掛け持ちアルバイト ~高収入ホワイトカラーゼミ~」です。


ブログでサクッとした有益な情報を提供し、

メールマガジンで濃い「秘密の副業情報」を公開。


そうやってお客様を増やしていくビジネスモデルですね。

それが軌道にのってくると…。

Adsense

2014年6月3日報酬

Amazon

Amazon報酬2015年4月27日

トップ

他にも楽天、Amazonセラーセントラルなどなどから、
入金があります。



●「それ大変じゃないですか?」


はっきり言いましょう。

ネットで稼ぐ手法というのは、別に楽ではないです。

むしろ大変です。


でも、やる価値はあります。

なぜなら、バイトでは考えられない額のお金を、稼げるからです。


ネットビジネスをはじめたおかげで、

私は大学を除籍されることもなくなりましたし、

充実したキャンパスライフを送れるようにもなりました。


また、バイトを何十個も掛け持ちでやっていた時期よりは、

かなり時間に余裕ができたのです。


そして現在は、かつての私と同じように

「時間もお金もない」

と困っている方に、ネットの副業を教える仕事をしています。


ただ、甘いことを言うと勘違いする方がいるので、

あなたにも明言させて頂きます。


「もし欲しい金額が、月1万円程度なら、素直にバイトをして下さい」

と。


正直に言って、作業内容はネットビジネスよりバイトの方が楽です。

命令された作業を淡々とこなせば、お給料がもらえるんですから。

しかし、時給・日給・月給の壁をぶち壊し、

通常の仕事では不可能な金額を稼いで、

遊ぶ時間も確保したいなら。

ネットビジネスを始めましょう。


やる気があるなら、私は全力であなたをサポートします。

この「人を助けたい気持ち」も、今のビジネスの原動力なのです。

興味が有る場合は、今すぐメールマガジンに登録して下さい。

#


という訳で、これらが


・「有季ゆうきがネットビジネスをはじめた理由」と、

・「現在続けている理由」でした。


長文お読み頂き、ありがとうございました。

今後とも、よろしくお願いします。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ