アップセルやクロスセルやダウンセルの意味とは?違いと事例を解説

●ポテトもいかがですか?

今回の講義では、
「アップセルやクロスセルとは?」を解説します。


・「アップセル、ダウンセル、クロスセルって何ですか?」
・「利益を増やすためにどうすれば?」


といった方はぜひご覧ください。





●「売上を増やすには…?」


HNCK2326-1300x866

あらゆるビジネスで、売上を増やすのは、
簡単ではありません。


情報発信ビジネスは、利益率こそ高いですが、
テキトーにやっていたら、やはり売上は上がりまあせん。


そこで、アップセル、クロスセル、ダウンセルが、
必要になります。




●クロスセルとは?


クロスセルとは、
関連商品を一緒にオススメすることです。


たとえば、以下のようなものです。

・例:「ポテトも一緒にいかがですか?」
・例:「電池も一緒に買いませんか?」


必要なものを合わせて紹介することで、
売上を増やしていきます。




●アップセルとは?


アップセルとは、
上位版をオススメすることです。


例えば、以下のようなものです。

・例:プレミアム版にしませんか?
・例:ゴールドカードにしませんか?
・例:プレミアムセミナーにも参加しませんか?



商品を買って頂けるお客様に
さらにいいサービスをご提案する、というものです。


上位版をオススメするのが、クロスセルとの違いです。



●ダウンセルとは?


ダウンセルとは、
「興味あるけど、買わない」と言われた時に、
下位版をオススメすることです。


例えば、ハンバーガーを買って頂けない時に、

「では、お飲み物だけでもどうですか?」
とご提案するような感じです。


少しでも興味を持って頂けているなら、
かわりのサービスをご紹介した方がいいですよね。




●誠意があるから売る


売り込む話をすると
「お客様に申し訳ない」と思う人がいます。


ですが、お客様に必要な可能性があるモノを売らないのは、
逆にお客様のためになりません。


例えば、電池で動く製品を使う時に、
「申し訳ないから」と電池を売らないのは変ですよね。


お客様は、いらなかったら買いませんし、
いると思ったら買うものです。


良質なモノならば、最終的には喜ばれますから、
しつこくない程度には、アップセル、クロスセル、
ダウンセルを、使っていきましょう。




●まとめ


#


・必要なモノを売るのがビジネスでの誠実さ

・一緒に使えるモノをすすめるクロスセル

・上位版をすすめるアップセル

・下位版をすすめるダウンセル

・販売法を使いこなして、顧客満足と利益の最大化を目指す




●今回の課題


#


「アップセル、ダウンセル、クロスセル」

とは何だったでしょうか?
整理してみましょう。

では、今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ