記事の書き方のコツは?トレンドブログを書く3ステップ

●記事を書く手順は?


前回までの講義で、ブログで稼ぐために
ネタを探したり、キーワードを選んだり
タイトルを決めたりする方法を、解説しました。


今回は、実際に記事を書く際の
ポイントを説明していきます。


動画講義と合わせて、ぜひお読み下さい。


※ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法の記事一覧はこちらです↓
ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法まとめ一覧 初心者講座



●トレンド記事を書いていこう


picjumbo.com_IMG_5992

いよいよ、トレンド記事を書いていくステップです。


以下のごちゃまぜトレンドブログで稼ぐまでの
全体の流れでいうと、「2.基本作業」の「書く」
のところまできました。


1.準備(審査用ブログ開設→Googleの審査→
 稼ぐ用ブログ開設→オモシロ記事投稿)
 ↓
2.基本作業(ネタ探し→キーワード選定→
 ライバルチェック→書く→分析)
 ↓
3.最大化(アクセスアップや内部SEOなど)



基本作業の講義も、終盤まできましたね。



ちなみに、別途講義で、記事を
以下の注意点はすでに説明しました。


・500文字以上書く
・コピー&ペーストや引用をしない
・意味不明な文字の羅列にしない
・アダルト、反社会的、不健全な内容にしない
・著作権を守る



大前提として、この注意点は守りましょう。

では、記事の書き方を、解説していきますね。




●具体的なトレンド記事の書き方は?


当たり前ですが、
記事の書き方に「正解」はありません。


もし、あなたが文章を書くのが
得意なのでしたら、独自の書き方で書いてOKです。


ただ、文章を書くのが苦手な人も多いと思うので、
僕がトレンドブログを書く流れを、解説しておきます。


1.キーワードに求められている情報を集める
 ↓
2.見出しを書き出す
 ↓
3.書く



この3ステップの順番で、記事を書いていくと、
とても書きやすいです。


とても当たり前のような3ステップですが、
書くのが遅い人や、書き上げられない人は、
この流れを守れていません。


では、どういう流れなのか、説明しますね。




●1.キーワードに求められる情報を集める


なかなか記事が書けないという人は、
大抵、「何が求められているのか」を把握できていません。


把握していても、面倒臭がって、
情報を調べていないのです。


ですが、記事を実際に書く前には、
読み手が「何が求められているのか?」を意識して、
実際に情報を調べるのが重要です。


例えば、
「花子 子供 年齢」というキーワードでの上位表示を狙って、
記事を書いていく場合。


読み手は、「花子の子供の年齢が知りたいな」
と思って、検索していると考えられます。


ですから、自分で記事を書く前に、
「花子の子供の年齢」について、調べる必要があります。


調べる場所は

・情報サイト
・2ch
・Twitter
・芸能人のブログ


などなど、様々な候補があります。


とにかく、自分が書けるようになるまで、調べます。


もちろん、いくら調べても
真相が見つからないネタもあります。


そういう場合は、「根拠のある予想」を
書いてみて下さい。


「花子さんが結婚されたのが10年前なので、
おそらく子供は小学生以下だと考えられます」のように。


やってはいけないのは、

・自分でもよく分からずに書くこと
・根拠もなく嘘の記事を書くこと


です。


訪問者のためになりませんし、
悪質なブログを書いていると、
自分のモチベーションも下がります。


価値のある記事を書いていきましょう。






●2.見出しを書き出す


「何を書いたら分からない」
という人は、大抵、もくじも作らずに、
1文字目からキーボードを叩いています。


それだと、何を書いたらいいのか、
自分でも分からなくなって当然です。


見出しを先に作りましょう。


書くための情報を調べたら、
今度は書く前に、ひと通り見出しを書き出すのです。



例えば、タイトルが
「花子 脱退理由は?元夫の子供の性別と年齢は?年収と出身学校も! 」
だった場合。


●花子のグループ脱退の理由
●花子の元夫の子供とは
●子供性別と年齢について
●花子の年収と出身学校
●今回のまとめ


のような見出しを、もくじのように作ります。


どの順番で何を書くのかが、明確になります。


また、上位表示を狙うキーワードの内容を
すべて見出しにしておけば、
書き漏れがなくなります。




●3.書く~キーワード散りばめ~


記事内に、上位表示狙うキーワードを
順番通りに散りばめるのも大切です。


例えば、
「花子 子供 性別」
「花子 子供 年齢」
「花子 年収」

で、上位表示を狙う場合。


「花子さんの子供の性別を知っていますか?
実は、男の子と女の子の、2人の子供がいるんです。

そんな花子さんの子供の年齢は
もう6歳と10歳だと言いますから、びっくりですね。

ちなみに、花子さんの年収は1千万円のようです。
子供2人も、豊かに育っていきますね。」

このように、キーワードを、
繰り返し散りばめていきます。


キーワードの数は、
検索エンジンでの上位表示に関わります。


たくさん詰め込めばいい、
というものでもないのですが、
一定数繰り返した方が、上位表示されます。





●3.書く~読みやすくする工夫~


実際に記事を書く時は、
読まれるように工夫をしましょう。


適度に改行したり、
語尾や口調を自然にしていきます。


文章を書き慣れない人は、文章がタメ口になったり、
丁寧語になったり乱れることがありますが、
どちらかに統一するようにしましょう。


書き終えたら、文字に色をつけたり、
太字にするのもいいですね。



こうした読みやすさへの工夫は、
訪問者に喜ばれ、結果的に、
検索順位対策にも、繋がります。


というのも、
すぐ閉じられると、検索順位が下がりますし、
長時間読まれると、検索順位は上がりやすくなるからです




●長さのあるオリジナルの文章



記事の中身は、見出しを埋めていき、
最低500文字以上は書くべきです。


800字~1500文字以上が理想で、
それくらいあると、
検索順位も上位を取りやすくていいですね。


書くのが面倒だからと、
他のサイトから文章を盗用するのは、厳禁です。


リライトやコピペをすると、
検索順位が圏外まで落ちます。


だいたい、試しにやってみると分かりますが、
コピペを繰り返して記事を作るというのも、
意外に苦労するものです。


変に面倒臭がらずに、
自分で書くことに慣れた方が、
結果的には素早く書けたりします。




●ちなみに


ちなみに、記事の中やサイドバーに
リンクを貼ると、検索順位が下がりやすくなります。

注意しましょう。


つまり、他のサイト紹介すると、検索順位が下がるのです。



もし、どうしても他人のサイトを紹介し、
リンクしたいという時は、

「rel=”nofollow“」
というソースコードを使って下さい。


「rel=”nofollow“」は
なんだか難しそうですが、
簡単です。


リンクを貼るときに、以下の文字列を貼り付けて
「記事のURL」の部分に、リンク先のURLを貼り付ければOKです。





「rel=”nofollow“」とは

リンク先のサイトを評価していない、
ということをGoogleに宣言する意味になります。


すると、自分のサイトの力が、
リンク先に送られないので、
検索順位が落ちにくくなります。


リンクする場合は、使ってみて下さい。


※ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法の記事一覧はこちらです↓
ごちゃまぜトレンドブログで稼ぐ方法まとめ一覧 初心者講座



●まとめ


#


・書く前に検索者が求めている情報を調べる

・先に見出しを書くと書きやすい

・記事内にキーワードを順番そのまま散りばめる

・見やすい工夫をする




●今回の課題


#


今回の課題は、
「実際に、記事を書いてみましょう。」
です。



とりあえずやってみる習慣をつけましょう。

今回の講義は以上です。

応援してます。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ