ビジネス・ビルディング・フォーミュラとは?意味と使い方

今回は、ビジネスのステージについて解説していきます。

「オリジナルのビジネスをやっていきたいが、
今の自分がやるべきことは何だろう?」

などと思っている人は、ぜひご覧ください。



※ビジネスの上級者向けの記事の一覧はこちら↓
起業して自分の力で稼ぐあなたへ 上級者向けの講義一覧






●ビジネス・ビルディング・フォーミュラ


Infinity-Traingle-in-Space-600x375

さて、ビジネス・ビルディング・フォーミュラとは、
ビジネスをする者が、順番に登っていく階層のことです。

もちろん、人間の行き方は自由なので、
必ずしも上へ行く必要はないのですが、
上に登りたいなら、登り方を知るべきですよね。


ステージを登る原則を覚え、
それぞれの「恐怖」と「対策」を
ぜひ覚えておきましょう。


階層は、以下のようになっています。

マネージャー

マーケッター

プロフェッショナル

ドリーマー

下の階層から、解説していきます。





●ドリーマー


ドリーマーとは、夢を見ている人です。

人生の可能性を捨てるのを怖がり、
自分の好みばかり考えています。

あれもこれも、やりたがり、
リスクを恐れるわりに欲深い状態です。

だからこそ、恐怖を克服し、
何かに「集中」することが重要になります。

特に、成功したければ、
市場性がある所へ、参入するのも大切です。





●プロフェッショナル


プロフェッショナルとは、
「商品の質」ばかりを上げ続ける人です。

「商品への恋」をしている状態であり、
売るのが怖いので、売らないのが特徴です。

心の中に「販売」への罪悪感があるので、
人に売り込むのを極端に嫌がります。


プロフェッショナルの人は、
興味の対象を、商品からお客様にずらし、
気持ちを「お客様への恋」に変える必要があります。

そして、8割の時間を「販売」に使うと、
収入が増えていきます。

「差別化、区分化、専門化」
も意識していくといいでしょう。






●マーケッター


マーケッターは、
プライドを持って商品やサービスを売る状態の人です。

ここまでいくと、
充分、経済的にも豊かになっているはずです。

ただ、マーケッターにも欠点はあります。

それは、

・新規開拓が大好き
・任せるのが怖い

ということです。

自分の力で、新規客を探すことばかり考え、
リピーター確保や、
社員を雇う発想が弱いのです。



だからこそ、
3R(保持、リピート、紹介)を意識したり、
他人を信頼して任せると、売上が上がっていきます。





●マネージャー


マネージャーとは、仕組みを回す人です。

マネージャーに成りたての人は、
投資を怖がる傾向にあります。

ですから、投資する勇気を持ち

「広告→(システム購入)→人材→システム開発」

の順番にお金を出していくと、
一気に売上が極大化していきます。

任せる部分を増やしていき、
「仕組化、組織化、マニュアル化」
をしていくといいですね。





●ステージごとの特徴が分かると


今回のビジネス・ビルディング・フォーミュラが理解できると、
自分の課題が明確になります。

学ぶべき情報が明確になって、
迷いなく突き進むことができるので、頭に入れておきましょう。


※ビジネスの上級者向けの記事の一覧はこちら↓
起業して自分の力で稼ぐあなたへ 上級者向けの講義一覧



●まとめ


#


・ビジネスのステージには、ドリーマー、プロフェッショナル、マーケッター、マネージャーの段階がある

・それぞれ克服すべき恐怖と、するべき対策がある

・恐怖は「捨てる」→「売る」→「任せる」→「投資する」

・対策は「市場性」→「差別化・区分化・専門家」→「保持・リピート・紹介」→「仕組み化・組織化・マニュアル化」

・自分のステージを自覚して、1つずつ上へ登っていくこと





●今回の課題


#



今回の課題
「あなたはどこのステージだったでしょうか?」

恐怖の自覚と、対策の計画をしてみましょう。


※メールして頂ければ、返信いたします。

応援してます

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ