転売で稼ぐ副業とは?6種類とツールや元手の真実

転売って何だ?


今回は、「転売とは?」についての講義です。



「『転売が簡単だ』と思う初心者へ 種類は?違法? 」


2013年~2014年は、副業としての転売が流行しました。


だからこそ、転売情報が氾濫しており、

・「転売って何ですか?」
・「転売って違法?」
・「転売にはどのような種類があるんですか?」
・「転売は、簡単にお小遣いを稼げるんですか?」



と思っている人も、多いでしょう。


そこで今回は、「転売とは?」について解説します。
ぜひ、ご視聴下さい。


※インターネットビジネスの初心者向けの記事の一覧はこちら↓
インターネットビジネスで稼ぐ方法の基礎知識 初心者用講座一覧



そもそも、転売とは?



#



転売とは
買ったモノを別の場所で高く売って、差額を稼ぐこと
です。

別名で「せどり」とも呼びますね。



この転売(せどり)には、
びっくりするくらい多くの分類があります。


・1.国
・2.買う場所
・3.売る場所
・4.売るモノ
・5.モノの状態
・6.手法・テクニック


という6つの分類があり、
それぞれを組み合わせて稼ぎます。



これらの分類を、ざっと羅列していきますね。



「1.国」の分類



#



「1.国」の分類は、以下の通りです。


・日本
・アメリカ
・中国
・ヨーロッパ
・アジア



インターネットは世界中と繋がっているので、
何も、日本国内の商品を扱う必要はないのです。



「2.買う場所」の分類



#



「2.買う場所」の分類は、以下の通りです。


・店舗(小売店、中古品店…などなど)
・ネット上(中小通販ショップ、eBay、タオバオ、ヤフオク、楽天、Amazon、BUYMA……)
・卸売業者



ネットで買ってネットで売ることもできますし、
実店舗で買うこともできるわけです。



「3.売る場所」の分類



#


「3.売る場所」の分類は、以下の通りです。


・Amazon(FBAが便利!)
・海外Amazon
・ヤフオク
・その他のオークションサイト
・eBay
・BUYMA
・独自通販サイト



最近は、Amazonの従業員が梱包してくれる
「FBA(フルフィルメント by Amazon)」
というサービスが人気ですので、

Amazon利用者が多いですね。



「4.売るモノ」の分類



#



「4.売るモノ」の分類は、以下の通りです。


・本、家電、おもちゃ、ゲーム、…
・衣類、雑貨、日用品
・骨董品
・アカウント
・独自ドメイン
・中古自動車などなど…



おもちゃや本の売買は、一般的ですが、
「権利」のような無形のモノや、
自動車やオートバイまで、転売されます。



「5.モノの状態」の分類



#



「5.モノの状態」の分類は、以下の通りです。


・新品
・中古
・破損品



新品や中古はもちろん、
破損品を買って、修理して売ったり、
ジャンク品としてそのまま売ったりします。



「6.手法・テクニック」の分類



#



「6.手法・テクニック」の分類は、以下の通りです。


・ツール
・寝かせ
・刈り取り
・誤表記狙い
・トレンド
・代行
・ばらし、合わせ



買うタイミングや、売るタイミングをずらしたり、
ライバルの商品を自ら買ってみたり、
テクニックはたくさんあります。



転売は意外と人の役に立つ?


さて、一般に、転売には、
「悪いこと」のようなイメージがありますが、合法です。


もちろん、
古物危険物の取り扱いには、
資格が必要ですが、
それ以外の商品は、好きに転売できます。


モノの売買は、自由ですからね。



しかも、転売は
案外、人の役に立つ側面もあります。


#



なぜなら転売は、

「売れ残っている『お宝商品』を発掘して、
流通ルートに乗せて販売し、手数料を稼ぐ」わけです。



したがって、「お宝発掘係」として、
埋もれていた製品を、世に出していく仕事でもあります。



具体例を挙げましょう。



僕の輸入転売の経験談


僕は、ドイツから調理器具を買って
日本で販売する「輸入転売」を実践した経験があります。



この際扱った調理器具は、ドイツ限定品でした。



僕以外の日本人は、
誰も取り扱っていませんでした。


ですから、僕が転売しなければ、
誰も買えなかったかも知れません。



つまり、個人輸入の方法を知らない日本人の役に
立っていたと言えますね。



こうして、「転売」と言えども、
人の役に立つ側面が、あるのです。



だからこそ、想像以上にを使います。



ぼーっとしていたら、
人の役に立つことはできません。



ツールがあれば簡単!


#



なんていうのは、
転売教材の「キャッチコピー」です。



転売は「簡単」で「元手不要」……?


ツールを使いこなすためには、
結局、かなりを使います。


簡単」だと思っていた人は、挫折していきます。


同様に、

「元手がいらない手法」
「在庫がいらない手法」


というノウハウも、万能ではなく、
必ず弱点があるのです。



弱点自分の力で補わなければ、
収入には、なりません。



厳しいことを言ったのは、
最近、転売を甘く見ている初心者が増えているからです。



おれも簡単に稼げそう

と言って、テキトーに挑戦し、消えていっています。



当たり前ですが、物販ビジネスは、
雑にやると、赤字で終わるのです。


#



ということで、今回の講義では、
転売の分類」や、
キャッチコピーの真実」についてお話しました。



楽して簡単に稼げる」と思っていた人は、
動画講義を繰り返し見て、考えを改めて下さい。



ちなみに、
現在、僕は転売をオススメしていませんが、稼げたのは事実です。



やるのでしたら、多少の赤字は「勉強代」だと思って、
根気よく1つの手法を続けてみて下さい。



※インターネットビジネスの初心者向けの記事の一覧はこちら↓
インターネットビジネスで稼ぐ方法の基礎知識 初心者用講座一覧



まとめ



#



では、今回の講義のまとめです。

・転売とはモノを高値売りして差額を稼ぐこと

・「」、「買う場所」「売る場所」「売るモノ
モノの状態」「手法・テクニック」によって様々な分類がある

・あくまで頭脳労働

言葉のマジックに流されないこと

・稼いでいる人は実在する

ですね。



今回の課題



#



最後に、今回の課題は、

「『転売は簡単に稼げる』と思っていた過去の自分に、
手紙を書いてみましょう」

です。


課題の内容を僕にメールして頂ければ、
返信いたします。


新しく聞いた内容を、身に付けるためにも、
アウトプットしてみて下さいね。



ということで、
「転売とは?」についての講義でした。


お読み頂き、ありがとうございました。


次の記事はこちら
コンテンツビジネスの意味とは?具体例と現状

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ