インターネットで個人が稼ぐ方法の種類

種類が多すぎてわけが分からない!?



#



「インターネットビジネスってどんな種類があるの?」
一番稼げる方法は、どれですか?」
簡単なのは、どれ?」

なんて、思っていないでしょうか?



僕自身、初心者の頃に時に、

「インターネットビジネスの種類が、多すぎて
わけがわからない」

と思っていました。



ですから、手当たり次第に、

ブログ
ヤフオク
Amazon物販
メルマガ
PPC
アプリ

などに挑戦し、かなり遠回りしながら、
稼げるようになりました。



そうやって、自ら実践して、

「こんなメリットがあったのか」
「こんなデメリットがあったのか」

と、理解していったのです。




(僕の動画講義はこちらです↑)


だからこそ、結果的には、
いろいろなスキルが身についたのですが、

「最初に、誰かに教えて欲しかったものだな」
と、何度も思ったものです。


そこで今回は、
これからインターネットビジネスをはじめる初心者のために、

インターネットビジネスの種類」について、
解説していきます。

少し長いですが、重要なので、ぜひ最後までご覧下さい。









本当に種類は多いのか?


さて、
「インターネットビジネスについての情報が多すぎて、
わけが分からなくなった」

という初心者は多いです。


「稼ぐ方法って、大量にあるんですね・・・」
とても覚えきれない
と。


たしかに、「稼ぐ方法」は膨大にあるのですが、
大きく分類してしまえば、
そんなに多くはありません。


ですから、
まずは、大まかな分類を覚えましょう。


大まかな分類を覚えると、
手法ごとのメリット・デメリットが理解できます。


「自分がどの手法をやるべきか」が明確になり、
進む方向が、ブレなくなりますね。



#



では、どういった分類があるのか、
解説していきます。



集客と収入源の5種類×3種類


全てのインターネットビジネスは、
5種類×3種類」に分類できます。


この「5種類×3種類」とは、何かというと、

「5種類の集客法」と
「3種類の収入源」のことです。



例えば、中華料理の経営では、

チラシでお客様をあつめて」
麻婆豆腐のを売る」

というようなことを、しますよね?



#




#



インターネットビジネスでも同じです。


Twitterでお客様を集めて」
スマホアプリを売る」

というように、集客法と収入源が
分かれているのです。


#




#



これらを整理して理解していけば、
様々な手法が、簡単に理解できます。



まず、集客法の5つとは、

1.人気サイトから誘導
2.検索ツール攻略
3.SNS
4.広告
5.口コミ

の5つです。



そして、収入源の3つとは、

1.「コンテンツ収入
2.「物販収入
3.「広告収入

の3つです。



具体的にはどういうものなのか、
順番に、説明していきますね。



集客法 ~1.人気サイトに登録~



人気サイトへの登録とは、
文字通り、人気のあるサイトに登録する集客法です。



具体的な例で言えば、ヤフオクを使うのも
「人気サイトに登録する方法」の1つです。


#



ヤフオクには、多くの人が集まっていますよね?



したがって、
ヤフオクに商品を登録すれば、
簡単に集客&販売ができる、というわけです。



当たり前のようですが、
便利で重要なことなので、覚えていきましょう。



例えば、あなたが、
中古のコーヒーメーカーを売りたい時。

自分の日記ブログに「コーヒーメーカーいりませんか?
と書いてもなかなか売れないでしょう。


ところが、
ヤフオクに出品すればすぐに売れます。



同様に、

・「ブログランキング」に、参加する
・「楽天」に、商品を登録する、
・「めるぞう」で、メルマガ読者を集める、


といった方法も、「人気サイトに登録する」
集客法です。


#



「読者が集まらない」
「購入者が現れない」

という時は、
ぜひ人気のサイトに登録してみて下さい。



もちろん、万能ではなく、

ライバルが多い
サイト外からは見込み客がこない

といったデメリットがあります。


爆発的はありませんね。



ということで、
メリットとデメリットを整理すると、

・メリット:即効性がある
・デメリット:爆発力に欠く


と、言えますね。



集客法 ~2.検索ツールの攻略~


続いての「検索ツールの攻略」とは、
Googleの検索エンジンの上位表示を狙う、などです。


#



例えば、
「コーヒーメーカーが欲しいな。ネットで検索してみよう」
とした人がいたとします。


その際、検索結果1位に、あなたが作った
「オススメコーヒーメーカーサイト」があれば、
どうでしょうか?


当然あなたのサイトは読まれ、
買い物もされます。


素晴らしい集客の仕組みになりますよね。



一方で、検索ツールは、
順位が10位以下になると、
途端に誰も読みにこなくなるのがデメリットです。



したがって、
1位になる努力が必要だし、
順位を維持する努力も、必要だと言えます。



というわけで、
「検索ツールの攻略」の
メリットデメリットを整理すると…

・メリット:濃い見込み客を大量に集められる
・デメリット:時間がかかる、順位変動のリスク


だと言えますね。



ちなみに、攻略すべき検索ツールとは、
Googleなどの検索エンジンだけではありません。


#



・Youtubeなどの動画サイト
・スマホアプリ販売サイト

などで上位表示することも、有効です。



集客法 ~3.SNSから誘導~


「SNSから誘導」とは、
流行りのソーシャルメディアを使って、
見込み客を集める方法を指します。


#



有名なのは、

・Twitter
・Facebook
・mixi
・LINE


などです。



これらのSNSの場合は
潜在的な見込み客を探して、仲良くなる

といった集客方法になります。



例えば、暇つぶしでTwitterをやっている人に

こんにちは、コーヒー好きですか?

と話しかけて、利用者と仲良くなったら、どうでしょうか?


今後、あなたがコーヒーメーカーを紹介した時に、
買ってくれるかも知れませんよね。


このように、新規開拓ができるのが、
SNSのメリットです。



その反面、暇つぶし目的
SNSを使っている人も多いのが、デメリットです。



つまり、実質的な見込み客は、
意外に見つけにくいと言えます。



また、SNSは利用規約が変化するのもリスクです。

商用利用禁止
広告掲載不可

などになると、ビジネスでは使えません。


#



ということで、
「SNSから誘導」
メリットデメリットを整理すると…

・メリット:新規開拓ができる
・デメリット:実質的な見込み客は少数、規約のリスク


だと言えますね。



集客法 ~4.広告の掲載~


広告の掲載」は、文字通り広告での集客です。


#



実店舗のビジネスで言えば、
電車の吊り広告を出す」ようなイメージです。



えー自分が広告だなんて

といって、
初心者はあまりやりませんが、
僕ら個人でも、広告を出すことはできます。



有効な集客手段ですので、
予算があれば、使ってみましょう。



インターネットビジネスの広告は

・PPC広告や
・メルマガの号外広告
・アフィリエイト広告
・リードメール


などなど無数に、あります。



3000円程度で出せる広告もあるので
活用していきましょう。



広告は、出せば即日効果がではじめるので、
時間がかからない」のが、メリットです


しかも、
似たような広告を繰り返し出せば、
似たような確率で集客ができます。


その反面、広告にはお金がかかるので、
赤字になるかも知れない」
というデメリットもあります。


#



というわけで、「広告集客」の
メリットデメリットを整理すると…

・メリット:即効性がある、再現性が高い
・デメリット:コストがかかる


だと言えますね。



集客法 ~5.口コミの誘発~


口コミの誘発」とは、
人から人に紹介してもらう方法です。

いわゆる「ネットで話題に!」というやつですね。


#



例えば、あなたのブログの写真が、
Twitterで人気になれば、
ブログにたくさんの人が集まってきますよね。



このように

・SNSで拡散された
・掲示板で盛り上がった、
・有名なブログで紹介された


などが口コミになります。



爆発力がある反面、
いつどこでどのように口コミが起きるのか
分かりにくいので、扱いにくいです。



ということで、「口コミ集客」の
メリットデメリットを整理すると…

・メリット:爆発力がある
・デメリット:不安定


だと言えますね。



インターネットビジネスの収入源



さて、続いて、
インターネットビジネスの「収入源」を解説していきます。

1.「コンテンツ収入」
2.「物販収入」
3.「広告収入」

を、順番に解説していきます。



収入源~1.コンテンツビジネス~



コンテンツビジネスとは、
サービスや情報を売る」というものです。


#



元々コンテンツとは、
中身」という意味ですので、
中身のある商品サービスを作って売るビジネスです。



・ゲームやスマホアプリ
・PCツール、ソフト
・情報(電子書籍、教材、ビデオ、コンサル)


といったものを作り、
販売するのがコンテンツビジネスに当たります。



初心者でも、イメージしやすいビジネスですよね。



「たくさん売れたら、億万長者になれそう」
という気が、するのではないでしょうか。



そのイメージは、間違っていません。



成功したら、爆発的に儲かりますし、
印税収入のように、長期的な不労所得が入り続けます。



その一方で、時間がかかりますし、
売上を立てるには、総合力が必要です。



ハッキリ言うと、
初心者には、難しいビジネスになりますね。



ということで、「コンテンツビジネス」の
メリットデメリットを整理すると、

メリット:莫大な金額の不労所得の可能性
デメリット:時間がかかり再現性が低い


だと言えますね。



収入源 ~2.「物販ビジネス」~


続いての、物販ビジネスとは、
実在する物を売るビジネスです。


#



1.ドロップシッピング(独自通販サイトなど)
2.転売(Amazon、ヤフオクなど)
3.その他の通販ビジネス


などがあります。



ようするに、
をを売る」とか「おもちゃを売る」といったように
目に見える商品を、通信販売していきます。



手法にもよりますが、
発送手続きなどの手間がかかるため、

面倒くさそう」と、初心者は言いがちです。

費用もかかりそう」
と、敬遠する人も多いですね。



が、
商品が実在するモノなので、
堅実に確実な結果がでます。



初報酬までの時間も、かかりません。



ですから、「物販収入」は、

メリット:再現性が高く初報酬が早い
デメリット:費用かかる。労働的


と言えますね。




収入源 ~3.「広告収入ビジネス」~


続いての「広告収入ビジネス」とは、
広告代理業をするビジネスです。


#



例えば、あなたが、
ブログに生命保険の広告を貼ったとします。


あなたのブログを見て、
保険に入る人が現れたら
あなたに、数千円の広告収入が入ります。



このように、
他人のモノを宣伝する」仕事なので、
オリジナルの商品を持っていなくても、できます。



この広告収入ビジネスには、

1.販売式(楽天など)
2.クリック式(Google Adsenseなど)
3.登録、請求式(A8netなど)
4.広告枠の販売(号外広告など)


といった種類があります。



費用をかけずに実践できますし、
ノウハウ通りにやれば、
みんな似たような結果が出せるジャンルです。



もちろん、いいことばかりではありません。



稼ぐまでの準備に、一定の時間がかかります。

また、普通は広告収入の単価を、
自分では決定できません。



ということで、「広告収入ビジネス」の
メリット・デメリットを整理すると…

メリット:費用がかからず再現性高め
デメリット:期間が必要。価格決定できない


と言えますね。



「一番いいビジネス」は?



#



このように、様々なビジネスの種類を知ると、

「で、結局どれが儲かるの?

と聞きたくなります。



が、それは
男性と女性、どちらが幸せになれるか
などと同じで、答えはありません。



生き方次第です。



ただ、僕は広告収入系で、
一番結果を出せました。


実際、広告収入系は、

・大人数を相手にできる
・費用がかからない
・24時間稼働し続ける


というインターネットの特性を、
最もいかしたビジネスです。



ですので、僕は
少しだけ広告収入系のビジネスを、

ひいきして紹介しています(笑)。


とはいえ、
全てのビジネスの長所と短所を理解して、
使い分けるのが、一番でしょうね。



まとめ



長くなりましたが、今回の内容をまとめます。


・インターネットビジネスには「集客法」と「収入源」がある。

・集客法には「人気サイトへ登録」「検索ツール攻略」「SNS」「広告」「口コミ」の5種類がある。

・収入源には「コンテンツ」「物販」「広告収入」の3種類がある

・長所と短所を知ること

ですね。



今回の課題



#



最後に、今回の課題です。

「インターネットビジネスの集客法5つと、収入源3つは何だったでしょうか?」

上を読み返さずに、思い出せるか、試してみて下さい。


また、疑問点や不明点があれば、
ご連絡下さい。


では、
「インターネットビジネスの種類」
についての講義でした。


お読み頂き、ありがとうございました。

#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ